2011年5月26日木曜日

MBA受験、終了!

お疲れっす。

今日はここ数週間ずっとやってた奨学金向けエッセイを終えました。
つまり・・・MBA受験の全プロセスがこれで終了しました!

いやぁ、本当に長かった。
このBlogを始めたのが2009年7月だからMBA受験的には2年か。
でも、その1年前から英語勉強してたし(TOEICは当初Under400w)。
と、考えると3年を受験に費やしたことになりますね・・・ながっ。

けど、そのプロセスも今日で終わり。
本当に本当に終わり。

今考えると本当にひとりの力じゃこの結果はなかった。
ただでさえ中堅私費MBAという日陰組みのスタート。
それがBlogやってTwitterでからんでFacebookで広げて。
そうTechnologyを使って枠を広げ、自分の心持さえも広げて。
ちょっとエンジニアっぽい?

でも、とにかく戦友のみなさんのアドバイスがあってこその自分。
本当に本当にありがとうございました!

というわけで、MBA受験だん。
明日からは留学のラストワンマイルのVISAと資金調達を進めます。
それと、受験系の情報の総振返りもしたいですね。

こういう話が1人でも多くの人に響けばと思って。

さー、次なるステップに向けて気持ち切り替えて頑張りましょうかね。

ではでは。

Essay Edgeのクオリティに感動した

お疲れっす。

先週から今週は量的に本当に山場な状況です。
会社では仕事と進路に関して、プライベートでは奨学金エッセイ。
もうほんと忙しくて結局Good Luck Partyに参加できず。
あぁ、大切な機会をひとつ失ってしまったよ...orz

と、犠牲をはらったおかげか何とかエッセイのβ版を先週末に完成。
自分的にはOKな文章だったけど、やっぱりネイティブチェックは必須。
というわけで、気になっていたけど使っていなかったEssay Edgeを初体験。

このEssay Edge、みんな大絶賛のサービスですよね。
たぶんそれは以下の理由から。
  • クオリティ
    たまに外れるみたいだけど、基本は素敵なクオリティ。
    私費のネイティブチェックでは王道みたいですね。
  • コスト
    ボクは1000wordでしたが200ドルくらいだったと思います。
    日本で頼んでもこれくらいはするので全然許容範囲。
  • 期限
    ここも大きいポイントだと思いました。
    通常は48時間で戻ってくるし、急げば24時間なんてのもある。
    いやぁ、ギリギリアプリカントにはもってこいw
  • コメント
    自分のエッセイでどういう考えで直したか教えてくれる。
    実はネイティブチェックってこういうの抜けてることが多い。
    でも、相手の考えがわかると修正されたほうも納得しやすいよね。
そんなわけで、ボクも利用してみたけど・・・クオリティ高すぎの大満足!
うーん、これはネイティブチェックはEssay EdgeだけでOKに思えてきた。

ちなみにボクの場合は表現を結構直されてました...orz
でも、感動したのが話の流れをちゃんと抑えて、かつより強力にしてたとこ。
自分の言いたいことを洗練した言い方で書き直してくれたのは本当にスゴイ!
いやぁ、みんなが頼るだけあると思いますね。

というわけで、Essay Edge・・・超オススメです。
よく日本語⇒翻訳⇒Essay Edgeという王道がありますが、これもありかも。
まぁ、でもネタさえしっかり出来てれば自分で英作⇒Essay Edgeかな。
これで相当強力になること間違いなし!
私費アプリカントはここぞという時に使いましょうね~。

ではでは。

2011年5月18日水曜日

BEOのVISAサポートに申し込む

お疲れっす。

すげー仕事忙しい。
なんか久々にエンジニアっぽいことさせられ、全くわからん・・・。
やっぱエンジニアとしての将来はないな(能力的に)。
と、改めてB-Schoolへ行ってサービス側に流れたいと思った次第です。

そんなわけでエッセイが進まない状況ですが、VISAは結構やばい。
資金証明(1ヶ月)&申請期間(2週間)て考えると6月中にギリギリか。
いやー、7月は都会を離れる予定なので・・・なんとかしたい!
つまり、絶対に一発でTier4 VISAが欲しい!!!

というわけで、ちょっとお高いんですがBEOのVISAサポートに申し込み。
金額は37,000円で、VISA申請の書類チェックと翻訳がついてくる。
CASやOffer Letterを作成する大学の不備もあるようで安心と思うのね。
それに大学側とのやりとりも一部してくれるので楽ですよねー。
受験が終わった今となってはアドミとやりとりするのは単なるコスト。
なので今後はBEOを経由してみようと思うんです(デポジット20K返却!)。
そう考えれば15Kくらいだし、煩雑な処理やレビューがあるので全然OK。
MBA受験生的には全然ありなお値段になりました。

なので、申込んでさっそくCASについて質問してみたところ・・・さすがBEO。
相変わらずレスと行動は早く、早速大学側にお問合せしてくれるらしい。
こういう事務処理をサポートしてくれるの社会人的に超嬉しいな。。。

という感じで、あれだけもやっとしたVISA申請ですが少し落ち着きそう。
そうしたら本格的にエッセイモードに入ろうっと。
がっつり休んでがっつり書いて、なんとかGood Luck Partyに行きたい・・・。
ちょっとまだ見えませんが頑張ろうと思います。

ではでは。

2011年5月14日土曜日

住居を確保(したはず)

お疲れっす。

さてさて、VISAも大事ですが住居も大事ですよね。
いろんな事例を見ると結構ギリギリなこともあるようです。
英語カタコトだし、その場でネゴとか無理無理。

というわけで、さくっと住居の申込みを済ませてみる。
といっても、デポジット払っただけだけど。

ちなみにMBAIBのページには住居情報がある(ココ)。
おー、Richmondとか近くてきれいでいいなーと思うも選択不可
どうやらMBAIBの生徒はSouth Bridgeしか残ってないって!
しかも、South Bridgeったら値段が書いてないですよ・・・。

で、しばし考えたけど・・・やっぱ申し込みました(デポジット250ポンド)。
だって、その方が楽だし安いだろうし初めてだし。
まー、それに設備はいいみたいだし、さほど高くないと思いたいし。
住めなくなるよりマシですよ。
※ といっても、交換留学の際にはぜーんぶ自分で交渉なんだけど。。。

といった感じで、とりあえずのお支払いはだんです。
後は授業料(MBAIB+Summer Course)を払えばおっけーです。
順調ということでー(あれ?エッセイは・・・)。

ではではー。

※ 追記
アドミと連絡がとれてSouth Bridgeは£110/weekだそうです。
月6万チョットということで高くはないと思います。
ラッキー!

VISA申請セミナーに行ってきた

お疲れっす。

最近超頭を痛めているVISA申請。
ほんとイギリスに行くことを考えてるみなさんは要注意。
とにかく、めんどう&遅い・・・イライラ。
ですが、MBA行きたいんだから仕方ないですよね・・・。

というわけで、今日はその対策にBEOさんのセミナーに参加!
BEOは色々とあるけど、セミナーの質はいつも高いと思ってます。
回答も早い&クリアなんで結構お気に入り♪

そんなBEOのセミナーに参加した感想ですが・・・やっぱいいわーです。
そして自分、留学について無知すぎた気がします・・・(純ドメクオリティ)。
その気づきリストをメモってみる。
  • 保険
    UKに進学すると留学生用の無料の保険に入れる。
    けども・・・、やっぱり留学生用の保険に入った方が良さそう。
    でも、それが20万くらいなり(期間による)。
  • 航空券
    1年のオープンチケットというのがあるらしく、超オススメとか。
    あ、でも自分MBAIBなんで15ヶ月なんで・・・無理だ。
    片道にしようと思ってます。。。
  • 滞在先
    寮ってどうすんかね?ってずっと思ってました。
    が、これってBEOとか大学側ではいってこないとのこと。
    よって、自分でCASもらう前から進めるべしと!
    で、今日さっそく見たけど既に1つの寮しか空いてなかった...orz
    といっても、MBAIBだから特別のような気もしてるけど。
  • 所持品
    まぁ、途中の交換留学を考えて必要最小限にする予定。
    そういえば電子辞書とかクレジットカード更新とか控えてた。
  • 国際学生証
    なんか割引があるらしい。
    ぜひぜひ登録しよう!
  • CAS
    CASは1つで、2つもらうのはNG。
    はい、既にミスっております...orz
  • 財政証明書
    新規に口座開いてもOKだけど、とにかく期間は維持すべし。
    シティバンクか通帳のある口座を進められましたとさ。
という感じ。

特にVISAまわりの説明は良かったし、自分の状況が本当に良くわかった。
なんか、どうやらメンドクサイ人の部類にはいるようだw
ので、さくっとVISA申請サポート(3万ナリ)に申し込んじゃいました。
まー、財政証明書だけならまだしも、書類系もやばそうだったので。

あ、それと新規で口座も作ることにしました。
とりあえず、"シティ"を考えてたけど不便そうなので"みずほ"にする予定。
シティなら月次レポートがあるしって思ったけど、ちょっと待ってられなそう。
みずほ、というかスピードを考えると通帳のマニラ行きは仕方ないか。
まー、そもそもパスポートも行くんだし気にしないのが良いのかも。

というわけで、BEOのセミナー良かった。
これ参加オススメでーす。

ではでは。

2011年5月11日水曜日

グロービスのMBAマネジメント・ブックを読んでみた

お疲れっす。

いまいちエッセイがのり切りません。
書くことはだいたい決まりつつあるのですがねぇ。
これは平日もヒルズるしかないのかな・・・。

と、そんな状況ですがMBAの留学準備は進みます。
今までは主に書類ネタでしたが・・・今回はお勉強ネタ。

え?勉強なんてMBA行ってからすれば!って思われるかもしれません。
しかーし、ボクのバックグラウンドはエンジニアです。
しかも、SIerじゃなくてほんとにTechnologyにフォーカスしまくっております。
なので、MBAっぽい知識がほぼ無いんですよね・・・。
それに加えて向こう行ったら当然テキストは英語ですよね。
二重にツライ状況はやばいと思うんですよ。

というわけで、まずはMBAってなんじゃろね?って知る試み。
そしてその試金石としてグロービスのベーシックなテキストを熟読。












このテキスト、見開きでひとネタが終わる構成になってて読みやすい。
深くは知れないけど、リーマンがMBAのそれっぽいのを知るには十分かも。
なお、内容と自分の感想はざっくりと以下の感じ。
  • 経営戦略
    会社の勉強会で出てた内容でもあるので理解しやすい。
    あとは面白いし、やっぱMBAの醍醐味かもしれん。
  • マーケティング
    うーん、しっくりこない感じ。
    どれも曖昧な解と短縮用語のオンパレード。
  • アカウンティング
    これも勉強会の成果で少しは理解できる。
    でも、勉強が必要そう。
  • ファイナンス
    ・・・まったくわからんw
    これはヤバイ。
  • 人・組織
    これは理解しやすいっす。
    自分の考えもまとめやすいかも。
  • IT
    IT業界の人だけど、書いてある内容はまったく専門外。
    SIer人向けなんですね、MBAのITって。
  • ゲーム理論・交渉術
    これも理解しやすいですね。
    交渉術が有効とは思いませんが、面白いっす。
うーん、ファイナンス全くわからない・・・。
なので、現役のMBAの学生さん教えてもらった本などを追加購入。
なんとか基礎だけでも身に着けたいですね。
そうじゃないとMBAで落第しそうな予感です・・・。

というわけで、アプリケーションは終わったもののまだまだ忙しいです。
でも、ストレスは軽めなのでちょっとは頑張れてます。
さー、一歩ずつ進めよう!

ではでは。

2011年5月7日土曜日

VISA申請を調査し続ける・・・

お疲れです!

今日は奨学金向けエッセイをやろうと思ったけど・・・・できず。
かわりに引き続きイギリス向けVISA申請であたふた。
その顛末をちょっと書く⇒すっきり⇒明日こそエッセイ!にしたいところ。

で、そのVISA申請について。
先日SI-UKに説明を聞きにいったところ結構複雑と判明(主にココ)。
もちろん純ドメな自分としてはあたふたしまくりですw
特に資金の証明がめんどくさくて、USのように残高証明じゃ不可
そして日本の銀行は残高証明の発行が一般的・・・。
おいおい、どうしろと・・・。

それに加えてイギリスは毎年(というか1年で数回)申請方法が変わる。
直近では2011/4に変わってるし、2011/7にも変わるらしい。
※ ちなみに2011/7ではVISA申請が緩和され資金証明不要になりそう。

いやー、素人の自分は無理ですw

というわけで、BEOはこんなことあったのでまずはSI-UKに相談。
実際のカウンセリングはQ&Aという感じで丁寧で悪くはないですね。
ですが、それでは情報が足りずに電話やメールでガンガン問合せ。
その結果・・・ここでサポートを依頼することをやめました。
悪くないけど、この状況を考えるとちょっと不安に思ったので。
特にレスの遅さがちょっと・・・(でも、タダなんだし仕方ない)。

という結果をうけて・・・BEOに再度依頼しようと思いますw
ここのサポートは有料で3万くらいですが高くないですね(MBA的思考w)。
お金を払ってレスが早くなったり、細かい点までサポートされるならOK。
とりあえず、この点を確認しにVISAセミナーに行ってきます。
今度は2回目だからより深く突っ込めるはず!

というわけで、どうなることやらな日々が続きます。。。

では。

Summer Courseに申し込む

お疲れです。

昨日から学生VISA問題に悩まされずっとイライラ。
まぁ、キツイ状況だけど行けないってことはなさそう。。。
一通り調べて疑問点はクリアになったのでちょっと小休止。
※イギリス行きたい人はとりあえず半年前から動くと幸せになれます・・・。

ということで、今日は懸念事項その2のSummer Courseをお片づけ。
ちなみに、Summer Courseってのは留学生向けの英語コースのこと。
Pre-MBA的なものから基礎英会話的なものまでいろいろとある。

そして今回ボクが取ろうとしているのは以下の2つ。
  • English for Business Masters(4 weeks)
    昔のEnglish for MBAってやつで、Pre-MBA的なもの。
    プレゼンやレポートの書き方を練習します。
  • Writing&Discussion in English(3 weeks)
    WritingやDiscussionにフォーカスしてお勉強。
    WはIELTSのスコア低いし、MBAの試験でも重要。
    というわけで、選択したけどAcademicではないらしい。
    ので、実はちょっと一般的な授業なのかもしれない・・・。
というわけで、計7週間を申し込んでみました!

えっと、ボクはみなさんご存知のように(?)、純ドメな人間だったりします。
まじで海外は北京とソウルしか行ったことなく、英語とか・・・カタコトです。
ので、出来るだけ慣れようと思って1つ多めに取ってみたしだいです。
まぁ、エジンバラを早めに満喫したいという裏目的もありますがw

まー、本当は3つとるか?とも考えたのですが取りたいコースが・・・満席。
それに、無理して取って渡英するより地元でゆっくりしたいという気持ちも。
加えてMBAIBに行くので想像以上に費用がかさみ、その節約でもあったり。
いや、まじ資金計画ったらギリギリなんですよ・・・。

というわけで、ギリギリの中でもちょっと無理して2つ申込み。
寮も合わせて申し込んで、デポジットも払ったので後は空きがあるかの勝負。
さー、どうなることやらー。

では。

2011年5月6日金曜日

資産証明書に戸惑っている件

お疲れです。

この前書いたように、夏からイギリス行きます(いぇぃ)!
といっても、実際にいつ行くの?ってのは未Fixな状態だったり。
  • 資金どうする?
  • Summer Course取れる?
  • 住むところと衣服はどうする?
  • VISAとかどうする?...etc
と、色々不安があるのですが、中でも一番強敵なのがVISA
特にイギリスのVISA申請は腐っていることで有名です。
だって、毎年のように申請制度が変わるんですもの...orz

というわけで、今日はSI-UKに行ってざっくりと申請方法を聞いてきた。
向こうの人の話によるとだいたい以下のようなことが必要らしい。
  • 学費+生活費の予算を持っているか?
  • その予算が28日間口座で保持されているか?
  • VISA申請~取得まで3週間みておけばOK
えっとー、7/4からSummer Course(予定)でしょー。
VISA申請で3週間、口座保持で4週間・・・計7週間(49日間)か。
で、今日が5/5だから・・・ギリギリじゃね?
がーん。

それに加えて、この資金証明の仕方がめんどい。
28日間の資金保持を証明するには残高証明では不可能とのこと。
つまり・・・通帳が必要ということですな。
おいおい、そんな口座持ってないよ(全部ネットバンクだったり)。

・・・どうすれば。
うーーーーん、明日また電話で問い合わせるしかないな。
追加エッセイも待っているというのに。。。

とういことで、資金より資金証明が大変そうなイギリス。
ちょっと出発を遅らせるなども考えなきゃいけないかも?
でも、そうなったら地元でまったり1ヶ月くらいすごすかーw

と、少し気を楽にしたところで、明日もこの調整をがんばります。

では。

2011年5月4日水曜日

Edinburghに決定(MBA in International Business)

お疲れっす。

ここ数日、あーでもないこーでもない、と悩んでいた進路。
ですが、ついに決めました

今年の夏からEdinburgh Business Schoolに進学することにします。
そして参加するコースはMBA in International Businessです。

当初はLancasterを第1志望としてましたが、それも途中から崩れました。
プログラムの質と費用で良かったのですが、よく調べるとちょっと違和感が。
もう一度、自分が欲しい経験を考えたら・・・こうなりました。
やはりせっかくの欧州MBA、DiversityとExchangeは外せないのです。

それにここ数日悩んでいたのも、Edinburghに行くこと前提で悩んでました。
というわけで、自然の流れといった感じでしょうかね。

この決定をもってLancaster、Durham、EMLYONからWithdrawです。
いやー、本当に本当に受験は終わりなんだなって実感。

さて、これにてMBA受験は一区切り。
このBlogもとりあえず出発したら一区切り ⇒ 別Blogへ移行の予定です。
次のBlogは親や友人へも近況を知らせるようにしたいな。

ただ、まだ奨学金向けのエッセイやVISA申請などやること山積みです。
そして何より資金調達のメドを今月中につけなくてはなりませぬ・・・。
あぁ、綱渡りは引き続き。

では。

//ちなみにOfferに返答する前からAcceptって表示になってた・・・
//既にConditionalの段階でDeposit払っていたからだろうか?
//SI-UKに行くのでその時にでも聞いてみようっと。

2011年5月2日月曜日

Lancaster vs Edinburgh(MBAIB) その2(コスト編)

お疲れ様でーす。

さて、今日は昨日に引き続きLMS vs EBSの比較をしてみます。
昨日は全体的に比較しましたが、今日はコストに絞って比較してみる。
ほら、やっぱコストって一番の問題だったりするし。

というわけで、さっそく比較してみよう!
  • Lancaster(Total: £39,000 ≒ 530万くらい)
    • 学費: £25,000
      ランクに応じて年々高くなってますな。
      まぁ、円高だし全然許容範囲。
    • 生活費(寮費含む):£10,000
      パンフでは£8,500とあったけど、ちょっと多めに計上w
      でも、Lancasterは田舎なので安いことには違いない。
    • EAP(寮費含む): £4,000
      すっごくざっくりだけど、2ヶ月でだいたいこんなものらしい。
      まぁ、設備もステキなLancasterだからいい感じのはず。
  • Edinburgh(Total:£43,500 ≒ 600万くらい)
    • 学費: £24,000
      Exchangeが入るわりに費用は安め(だからEdinburgh選んだ)。
      まぁ、学費は安くとも滞在費が・・・。
    • 生活費: £1,5000
      まぁ、引越しも多々あるのでちょっと多めに計上。
      うーん、これ全く読めないよ・・・。
    • EAP(寮費含む):£4,500
      なんかちょっと高いんだよなぁ。。。
      しかも設備は悪そうだし・・・。
というわけで、やっぱり1割くらい高いEdinburgh(期間長いし当たり前)。
それに加えて飛行機代もあるし・・・もっと高くなるかもなぁ。
うーん、予算に収まるか不安になってきた。
そしてUK MBAって割安っていわれるけど、結局1年だからに過ぎないのね。
まぁ、これでも円高だから安いほうか。

そんな2日にわたって考えてきたLancaster vs Edinburgh。
えっと・・・結局結論でないということで。
仕方が無いので、もうちょっと悩んでみたいと思います。

うーん・・・。

2011年5月1日日曜日

Lancaster vs Edinburgh(MBAIB)

お疲れさまでーす。

仕事も受験も一山超えて、なんだかGWというか土日を満喫。
あー、両方ともあと一息で頑張らなきゃって感じだねー。

というわけで、お受験も残るはLancasterのInterviewのみ。
本来ならば第1志望なLancasterですが・・・かなり揺らいでいます。
なぜならEdinburghのMBAIBもかなり捨てがたいんですよね。。。
うーん、難しい・・・。

そこでこの土日を使って悩んだり調べたことをメモってみようかと。
最終決定は数日後に行うと思うけど、その参考資料にでも。
  • Term(Edinburgh)
    • LMS
      10月始まりの1年間のプログラム。
      事前に3ヶ月のEAPがあるので計15ヶ月ですね。
      10月始まりなので余裕があるのも悪く無いですね。
    • EBS
      9月に始まる15ヶ月のプログラム。
      事前に10週間程度のEAPに申し込む予定。
      ・・・VISAがギリギリやないですか。
      でも、出来るだけ長期間滞在したいのでEBSかな。
  • Cost(Lancaster)
    • LMS
      意外とコストが上がって£25,000みたい。
      微妙かなぁと思いつつも、それ以外使わないからOK。
      やっぱり安いよ、LMS。
    • EBS
      こっちもだいたい£25,000だけど、引越し代が・・・。
      というのも、Exchangeにも参加する予定なので。
      それとEdinburghはそこそこ都会だったりします。
      なので、生活費もきっとLancasterよりは高いでしょうね。
  • Program(Draw)
    • LMS
      やっぱり実践的なプログラムっていうのはアドバンテージ。
      でも、最近それも微妙か?とも思い始めたり。
      というのも、どうも短期間で詰込むので内容が薄いらしい
      そこはLectureベースでももちろん同じだと思う。
      けど、それにグループワークが加わると・・・かも。
      うーん、ここは予想外な部分です。
      それとExchangeが大したところが無いのも少し痛い。
      せっかくだから行きたいなーって気持ちもあるのです。
    • EBS
      こっちはLectureベースってのが微妙(1st termだけ)。
      まぁ、でも何も知識がないのでこれも悪くないかなと思ったり。
      きっと行ってみると、純ドメな自分には大差ない気もしています。
      でも、ExchangeでDuke/Nanyang/ESSECに行けるのはでかい。
      やっぱステキなスクールでExchangeしたいんです。
      ちなみにコスト・キャリア的にNanyang希望です!
  • Diversity(Edinburgh)
    • LMS
      こっちは半数がインド人なんですよね・・・。
      なので仕方ないけど、インド式?でグループワークも進むらしい。
      うーん、これはやはりマイナスですよね・・・。
      IT≒インド人というイメージだけど、もうそんな時代じゃないし。。。
    • EBS
      こっちはさすがに半数がインド人ということは無い。
      もちろんアジアの割合は多いけどトータルで40%。
      全然許容範囲ですね、UKなんだし。
  • Facility(Lancaster)
    • LMS
      校舎も新しいのが出来たりしていい感じ。
      もちろんPCルームも24時間使用可能だし、ほんと集中できる。
      その他の病院やパブやジムなんかも校舎にあるらしい。
      間違いない設備ですねー。
    • EBS
      こっちも実は校舎を去年刷新したみたい。
      とあるBlogからたどったけど、かなりキレイでテンションあがります。
      ちゃんとジムとかもあるみたいだし・・・いいかな?
      でも、全体的に小さめなので、ちょっとそういう意味では不安。
      24時間で空いてるとも思えないしね。
  • Town(Edinburgh)
    • LMS
      うーん、大学しか無い・・・。
      あとは野うさぎが飛ぶとかいう田舎環境。
      いや、別に嫌いじゃないけど、Edinburghと比べるとねぇ。
    • EBS
      街は文化遺産に指定されているくらいだし最高ですね。
      それに地方都市感覚で基本的なものは一通りあるらしい。
      個人的にはYO! Sushiがあるのが楽しみw
  • Networking(Edinburgh)
    • LMS
      これは情報がほぼ無しでした。
      Facebookでは日本人会はあるみたいですが、詳細は不明です。
      コンタクトとったけど、ちょっと反応が薄かったかも。
    • EBS
      こっちは日本に関しては結構良いかも。
      英国MBA友の会の幹事の方がEdinburgh出身なんで。
      それに2つ上の代の方がネットワーキングを強化したいみたい。
      なので、壮行会なども開いてくれるとか・・・。
      海外ネットワークに関しては、どうでしょうか?
      ちょっとこれはイーブンかもしれないですね。
といった感じで長々かつグダグダと悩んでおりますw
※ LancasterはOfferをもらってないw

けど、今の気持ちとしてはEdinburghかなぁー。
Alumniの方やDirectorの対応に感動したし、プログラムだって悪くもない。
何より多様性を確保してくれているし、世界中に友達できそうじゃん。
うーん、どうしよう・・・。

というわけで、結論は持ち越しですw
次回はコスト面をより詳細に計算して比較してみようと思います。
だって、費用がなきゃ行けないですもんね!

そんなわけで次回までー。
では。