2011年6月19日日曜日

MBA受験を振返る: (7) GMAT

お疲れでーす。

前回は英語について書いてみました。
ざっくりまとめると超大変!ってこと。
そして狙いを定めて戦略的に取り組むべしと。
そんな話でした。

さて、今回は受験で一番苦労させられたGMAT。
こいつには本当に苦労させられた+結果が出なかった。。。
何度心が折れそうになったかわかりませんねw
ですが、そんな辛い過去も振返ってみる。

まず、GMATに取り組んだのは去年の夏ごろでした。
当時はIELTSが6.5が取れた直後で、GMATってどうしよという時期。
実はIELTSのスコアメイクに苦労したらGMAT捨てようと思ってました。
それでGMATが必須でない志望度低めのスクールだけ受けようって。
けど、何を勘違いしたかIELTS7.0いける!と思ってしまったのです・・・。
そのおかげでGMAT地獄にw

そんな地獄の中でやったことをつらつらと書いてみる。
  • OG
    とりあえず、OGっていうのが定番ですよね。
    1~2周やってPREPやって死んだ記憶があります(遠い目)。
    その後も何回かやったので、3~5周くらいはしてるかも。
    この教材のポイントは本番より簡単、かつ解答が意味不明なことが。
    おいおい・・・みたいな(でもMUST)。
  • OG別冊(Math+Verbal)
    OGを何回もやってしまうと問題に餓えてくるわけですw
    ので、別冊のOGも教材に追加。
    これも3周くらいはやったかもしれませんね。
    こっちのほうが難易度が高くていい感じだったと思います。
    というわけで、OGは両方何周も回しましょうw
  • マスアカ
    計算はノリで解ける派なのですが、細かい点を落とすことが多い。
    ので、マスアカで用語を覚えるようにとにかくしました。
    というか、マスアカの良さはそこに尽きると思いますね。
    これはやっておいて良かったです。
  • PREP
    もう言わずもがなといった感じでしょうか。
    確か最初にノリでやった時は300台だった気もします(遠い目)。
    ですが、やはり本番に近いのでPC慣れする意味でも重要です。
    といっても、こっちもやっぱり本番より簡単なんですけどね。
    PREPでいい点とっても、本番でorzする確立はかなり高いw
というわけで、これらの教材をひたすら数時間/日やってました。
それも9ヶ月とかやって・・・まったくスコアがあがらない。
まさに地獄でした・・・。

ですが、本当の地獄はGMAT予備校に入ったとこからだったかも。
ちなみに、ボクが利用したGMAT予備校は以下の通り。
  • YES(SC)
    4単位分(16回くらい?)+文法コースを受けました。
    ざっくり言って20万くらいでしょうか(高そうに見えて超安い!)。
    有名講師の吉井先生の授業は刺激的で面白いです。
    しかも、マンションの一室でやるチープさも大好きでしたw
    ここの良さは個人的には練習量+解説が日本語ってとこでしょうか。
    SCは本当に特殊な勉強内容なので、やはり母国語でってのが重要。
    SCは本当にYESのおかげで初心者レベルになりました(4割→6割)。
  • Affinity(Math, SC, Strategy)
    YESだけではどうにもならず、最後にたたくのはAffinity。
    ここにお願いしたのは、本当に追い詰められていた時期ですね。
    600無いと本当にどこも受からなくてヤバイ!って思ってました・・・。
    結果的にスコア改善せずですが、ここは柔軟があり良かったです。
    ボクが受けたのはMath、SC、個人レッスン(GMAT Strategy)でした。
    Mathは三ヶ尻先生という方に教えてもらいましたが、悪くなかったです。
    自分のケアレス多いなーと気づかされました・・・。
    SCは野口先生でSCだけでなく、英語の総合力が改善されたと思います。
    そして一番良かったのは野口先生のGMATの戦略的解き方講座
    実力にあった解き方をアドバイスしてくれるのが本当にうれしかった。
    野口先生はGMATメンターとして大いに活用させていただき感謝してます。
    野口先生のサポートがなかったら、1年受験を伸ばしていたかもしれない・・・。
    ちなみに、AffinityはMath(10万)+SC(20万)+個別(5万)てな感じですね。
GMAT予備校に行ってて何がつらいかって、やっぱりコストでした。
1時間1万円近いお金を使って、算数を習ったりするのって本当にキツイですよw
こんなの日本語でやれば簡単なのにって何度思ったことか・・・。
しかも、お金を使わなきゃ試験対策できないし、お金ないと留学できないし。
そのバランスを取りつつエッセイやったり・・・。
あぁ、隠れ私費MBA受験生とか本当に大変なんですって。

ちなみに最終的には、こんなに頑張って結局under550でした...orz
なんだかなーとも思いますが、実はGMATは合格のきっかけでもありました。
それはまたネットワーキングの振返りの時にでも書いてみよう。

というわけで、まとめるとGMATの勉強は超絶大変です。
努力とスコアが結びつかないので精神をやられる危険性があります。
けど、やらなきゃ始まらないので、辛くてもとりあえず全力でトライすべし
絶対無駄にならないから!
と、精神論でまとめたところで・・・スコアメイクは他の王道MBA受験生を参考にw

では。

0 件のコメント:

コメントを投稿