2011年6月14日火曜日

MBA受験を振返る: (3) エージェント選び

お疲れでーす。

前回は出願校選びについて書いてみました。
ざっくりまとめるとMBA行く強い思いを持ちましょうってこと。
そうすればどんな状況でもきっと満足行くスクールへ行けるよと。
Follow your heart!っていう話でした。

さて、今日はエージェント選びについて。
といっても、エージェントって実は様々だったりする。
  • トータルで見るパターン
    受験計画~エッセイカウンセリング~面接までしてくれる。
    お値段はそれなりにお高いです。
  • アプリケーションだけ見るパターン
    履歴書~推薦状~エッセイまでしてくれる。
  • パート別パターン
    エッセイ専門、インタビュー専門のカウンセラーとか。
ざっくりこんな感じでしょうか。
といっても、中には試験対策もしているのもあるので微妙ですが。

一番大事なお値段ですが、上が一番高くて下が一番安いですね。
ただし、当然うまく使っていかないと下はパート別なので破産します。
といっても、上のトータルを使って足りずに下に流れるパターンも。
いやぁ、本当に難しい・・・。

やはり、ここでも自分の目指す方向性とかコスト感を重視するべきです。
例えばトップ校を狙うならベストな選択をするためにパート別。
社費で会社の金を使えるなら、まずはトータルで見てもらうとか。
そもそも中堅MBA狙うので不要とかもありだと思う。

ちなみに、ボクの場合は書類系の第3者チェックだけが必要と考えました。
エッセイに書くべきことは決まっていたので、それを仕上げるだけ。
つまり、ブレストから入るカウンセリングは不要って最初から考えてました。
というか、これを見せてダメならMBA行く意味も無いでしょくらいの勢いw

ただし、履歴書・推薦状・エッセイの書き方は知らなかった・・・。
したがって、そういうところを重点的にカバーしてくれるサービスがいいなぁと。
そこで、安い+MSc(バックアッププラン)もカバーしているとこにしました(ココ)。
一応ここの評価を言っておくと、悪くなかったと思います。
エッセイ担当は切れていたし、MBAIBを教えてくれたのもここだし。
ただ、ちょっとやりとりや書類の仕上がりが雑だったかなぁ。
後はエッセイのネイティブチェックはエッセイエッジに軍配が(当たり前?)。
まぁ、エッセイエッジ+レジュメエッジ+他のサービスでいけたかもしれんです。
高くなかったからいいけど。

というわけで、まとめるとエージェントは自分の志向にあった人を選ぶべし。
あの人がいい、この人がいいって言ってたら資金が底をついちゃいますよ。
そんなこと悩むならちゃんと自分の目指すゴールを見据えましょう
そうればどの辺の人を使えばいいかとかわかってくると思いますねー。

では。

0 件のコメント:

コメントを投稿