2011年5月1日日曜日

Lancaster vs Edinburgh(MBAIB)

お疲れさまでーす。

仕事も受験も一山超えて、なんだかGWというか土日を満喫。
あー、両方ともあと一息で頑張らなきゃって感じだねー。

というわけで、お受験も残るはLancasterのInterviewのみ。
本来ならば第1志望なLancasterですが・・・かなり揺らいでいます。
なぜならEdinburghのMBAIBもかなり捨てがたいんですよね。。。
うーん、難しい・・・。

そこでこの土日を使って悩んだり調べたことをメモってみようかと。
最終決定は数日後に行うと思うけど、その参考資料にでも。
  • Term(Edinburgh)
    • LMS
      10月始まりの1年間のプログラム。
      事前に3ヶ月のEAPがあるので計15ヶ月ですね。
      10月始まりなので余裕があるのも悪く無いですね。
    • EBS
      9月に始まる15ヶ月のプログラム。
      事前に10週間程度のEAPに申し込む予定。
      ・・・VISAがギリギリやないですか。
      でも、出来るだけ長期間滞在したいのでEBSかな。
  • Cost(Lancaster)
    • LMS
      意外とコストが上がって£25,000みたい。
      微妙かなぁと思いつつも、それ以外使わないからOK。
      やっぱり安いよ、LMS。
    • EBS
      こっちもだいたい£25,000だけど、引越し代が・・・。
      というのも、Exchangeにも参加する予定なので。
      それとEdinburghはそこそこ都会だったりします。
      なので、生活費もきっとLancasterよりは高いでしょうね。
  • Program(Draw)
    • LMS
      やっぱり実践的なプログラムっていうのはアドバンテージ。
      でも、最近それも微妙か?とも思い始めたり。
      というのも、どうも短期間で詰込むので内容が薄いらしい
      そこはLectureベースでももちろん同じだと思う。
      けど、それにグループワークが加わると・・・かも。
      うーん、ここは予想外な部分です。
      それとExchangeが大したところが無いのも少し痛い。
      せっかくだから行きたいなーって気持ちもあるのです。
    • EBS
      こっちはLectureベースってのが微妙(1st termだけ)。
      まぁ、でも何も知識がないのでこれも悪くないかなと思ったり。
      きっと行ってみると、純ドメな自分には大差ない気もしています。
      でも、ExchangeでDuke/Nanyang/ESSECに行けるのはでかい。
      やっぱステキなスクールでExchangeしたいんです。
      ちなみにコスト・キャリア的にNanyang希望です!
  • Diversity(Edinburgh)
    • LMS
      こっちは半数がインド人なんですよね・・・。
      なので仕方ないけど、インド式?でグループワークも進むらしい。
      うーん、これはやはりマイナスですよね・・・。
      IT≒インド人というイメージだけど、もうそんな時代じゃないし。。。
    • EBS
      こっちはさすがに半数がインド人ということは無い。
      もちろんアジアの割合は多いけどトータルで40%。
      全然許容範囲ですね、UKなんだし。
  • Facility(Lancaster)
    • LMS
      校舎も新しいのが出来たりしていい感じ。
      もちろんPCルームも24時間使用可能だし、ほんと集中できる。
      その他の病院やパブやジムなんかも校舎にあるらしい。
      間違いない設備ですねー。
    • EBS
      こっちも実は校舎を去年刷新したみたい。
      とあるBlogからたどったけど、かなりキレイでテンションあがります。
      ちゃんとジムとかもあるみたいだし・・・いいかな?
      でも、全体的に小さめなので、ちょっとそういう意味では不安。
      24時間で空いてるとも思えないしね。
  • Town(Edinburgh)
    • LMS
      うーん、大学しか無い・・・。
      あとは野うさぎが飛ぶとかいう田舎環境。
      いや、別に嫌いじゃないけど、Edinburghと比べるとねぇ。
    • EBS
      街は文化遺産に指定されているくらいだし最高ですね。
      それに地方都市感覚で基本的なものは一通りあるらしい。
      個人的にはYO! Sushiがあるのが楽しみw
  • Networking(Edinburgh)
    • LMS
      これは情報がほぼ無しでした。
      Facebookでは日本人会はあるみたいですが、詳細は不明です。
      コンタクトとったけど、ちょっと反応が薄かったかも。
    • EBS
      こっちは日本に関しては結構良いかも。
      英国MBA友の会の幹事の方がEdinburgh出身なんで。
      それに2つ上の代の方がネットワーキングを強化したいみたい。
      なので、壮行会なども開いてくれるとか・・・。
      海外ネットワークに関しては、どうでしょうか?
      ちょっとこれはイーブンかもしれないですね。
といった感じで長々かつグダグダと悩んでおりますw
※ LancasterはOfferをもらってないw

けど、今の気持ちとしてはEdinburghかなぁー。
Alumniの方やDirectorの対応に感動したし、プログラムだって悪くもない。
何より多様性を確保してくれているし、世界中に友達できそうじゃん。
うーん、どうしよう・・・。

というわけで、結論は持ち越しですw
次回はコスト面をより詳細に計算して比較してみようと思います。
だって、費用がなきゃ行けないですもんね!

そんなわけで次回までー。
では。

2 件のコメント:

  1. お疲れさまです。

    もうほとんどエジンバラに傾きかけですね。

    ただ、ランカスターはなんといっても高ランキング、MBATというのが捨てきれないポイントですよね。

    ただ、日本国内では圧倒的にエジンバラの方が知名度は高そうだし、エジンバラの卒業生の方も結構いいところに就職されていることが多いので、どちらもでもいいのかもしれませんね。

    返信削除
  2. いやぁ、やっぱEdinburghはExchangeがイイネ!です。
    それにランクのわりにDiversityも確保しているのもプラスなんです。
    ランカスターはインド人が半数いるのは確定なので・・・。
    これでProgramがもうちょっとPracticalだったら間違いないんですが。
    悩みますw

    まぁ、MBATやFT Rankは気にしません。
    それよりもトータルでみたいなぁって思ってます。

    ですが、やっぱ一番利いてるのは卒業生の言葉なんですよねぇ。
    "数年経った後にまた訪れたい大学か?"っていう・・・。
    あぁ、それEdinburgh間違いないですよ・・・。

    でも、もうちょっとだけ悩んでみようと思いますw

    返信削除