2011年4月17日日曜日

出願結果状況(4/M編)

お疲れっす。

仕事、超忙しい・・・。
久しぶりに残業しまくりで勉強もエッセイも進捗ゼロ・・・やばい。
といっても、だらっとしてるのは仕事だけが理由じゃない。
それは出願が意外とうまくいっているから、ちょっと気が抜けて・・・。

というところで、今日はその出願結果状況をまとめてみる。
  • 出願済み
    • Edinburgh
      Conditional Offer保持(一応IELTS 7.0 MUST)。
      ただ、どうもインタビューでこの壁を外せることがあるようで。
      なので、来週の45分間のインタビューでチャレンジ予定。
      あと、Alumniが熱くてDirectorに2回もPushしてくれた・・・。
      しかも、今度は飲み会まで・・・。
      うーん、やっぱり良いスクールなのでOfferが欲しい!
    • Lancaster
      低スコア、短職歴で絶望視していたスクール。
      けど、ふたを開ければインタビュー(20分間)のご招待。
      しかも、追加のエッセーが無いという高評価!
      全く予想していなかったけど・・・チャンス過ぎる
      このチャンスどうしても逃したくない!
      そしてインタビュー後48時間で結果が出るのも熱い!
      行きたいんだよ、Lancaster!
    • Durham
      全然音沙汰なしだったんだけど、やっと書類通過のお知らせ。
      どうも書類不備で時間がかかっていたようだ...orz
      ですが、それもEMSで送ったので来週にはつくでしょう。
      出来ればLancasterの前にインタビューを受けたいですね。
      そして全落ちの可能性をなくすために確実に抑えたい。
    • Manchester
      5/Bにインタビューの可否通知が来るそうな。
      それまで気長に待つしか。
  • 未出願
    • EMLYON
      とりあえず、出せばインタビューに進めそうな感じ。
      でも・・・、エッセイが重くて躊躇してる状況。
      一応Edinburghのインタビューが不発だったら出すつもり。
      これも締め切りは5/Bなんだよね・・・。
    • EDHEC
      こっちは何も音沙汰なしだけど、5/Eが締め切り。
      上のスクールが全部ダメなら出すかな。
    • UCD
      何にも調べて無いけど出せないことはないスクール。
      まー、これも上のスクールが全部ダメだったらかも。
というわけで、低スコア+短職歴+つたないエッセイでなんとか戦えてます。
うーむ、意外や意外とはこういうことなんだと思う。

そして次は本当にラスボスのインタビューという状況。
その対策として、インタビューもちょいちょい言いたいこと要約して練習中。
ただ、どう練習すればよいというのが見えてなく・・・対策がムズイ
まぁ、45分だと作れないし、もう英語なれでもするしかないのかなーとも思う。
んで、後は要約テンプレをPCの前においといて、それをネタにしゃべるしか。
だ、大丈夫かな・・・。

そんな状況なので、とりあえずはEdinburghまでこのまままったりと進みます。
ここまできたらリラックスして、インタビューに臨むしかないでしょう。
というわけで、まずはターゲットはEdinburgh。
全力をつくします。

では。

0 件のコメント:

コメントを投稿