2011年3月26日土曜日

GMAT試験(5回目)

お疲れっす。

今日は第5回GMAT試験の日でした。
結果は・・・600ならず(というか、550さえ及ばず)。
500とかだったと思う(パートごとの点数は忘れました)。

前回から約1ヶ月・・・正直今までで一番勉強しなかった回だと思う。
前半2週間はエッセイとアドミとのやりとりで、平日は2h/dayくらい。
週末はエッセイと講義いったりなんだりで問題演習も足りず。
そして後半2週間は震災と出願でエッセイすらかけない状況が続きました。
それに風邪もひいてたし・・・。

・・・はい、ここまで言い訳。

正直言うと既に心は次に移っていた+折れかけていたんだと思う。
前回の試験がラストだと思ってたし、今回はエッセイが重いってわかってた。
それに・・・いろいろなスクールに今のままでも出せるっていう油断もあった。
だから、この結果は素直に受け入れることが出来ますね。

完敗しておいて言うのもなんですが、悔しい気持ちはさらさらないです。
自分がやれるなかでやりきりました。
お金も時間も自分の限界を少しオーバーして戦いましたって。
受験は終わってないけど、GMATに関してはそんな気持ち。

さて、GMATに関してはAffinityの件などもBlogに書きたいと思ってます。
また、最後の最後ということでGMAT反省記も書きたいところですw
あとは・・・GMATのために失ったもの(健康・仕事・お金)などリカバリーします。
GMATの代わりにやることはこれかな。。。

そんなわけでして、GMAT敗北しました!
ので、ちょっと1日は飲み明かしますw
まだまだGMATな人は頑張ってくださいね!

では。

2 件のコメント:

  1. おつかれさまさま、ではないですか。
    5回もあの試験を受け続けられた精神力は、
    やっぱりMBAに行きたいからの気持ちの賜物だと思いますよ。
    震災で気持ちも不安定になるでしょうし、本当におつかれさまでした。

    ちょっと最近思うんですけどね、
    MBA受験って、やっぱテストの試験ではなく、
    今まで約30年間前後の自分を試すことなんじゃねーかなー、などと。

    私はまだ出願までこぎつけていないので、
    かなり傍観しているだけですが、
    Junさんのそのスコアにとらわれず、学校にアプローチして、あげく色々もらってくるところは、
    かなり他のアプリカントと比べても優れた点として、
    学校側も捉えているからではないかと思います。
    ポテンシャルない人間に、誰も時間はかけないですから。

    というわけで、まずは朝ビールで乾杯♪(昼だという説あり?)

    返信削除
  2. どーもです。

    >今まで約30年間前後の自分を試すことなんじゃねーかなー、などと。
    最近は特にそんな気がしてますね。
    受験プロセスの進め方、CV、エッセイなどなど、どれもそれを問われていると思ってます。
    どこまで賭けられるか?っていう自分との戦いみたいなもんでしょうか。

    まぁ、GMATは結局負けましたけど、これだって全部が無駄だったと思ってないんですね。
    もちろん内容としてロジックやライティングにはプラスになったと思ってますしね。
    それにGMATやらなかったら、フランスやUKなど出せないスクールだって多かったです。
    このスコアなら正面から勝負は出来ないけど、少なくとも土俵に立てる・・・みたいな。
    あー、それとGMAT受験を通して戦友が出来た、これが一番かもしれないですね。

    というわけで、GMATは敗戦しましたが、もうちょっとMBA受験は頑張ります。

    返信削除