2010年11月30日火曜日

MBAの価値を再考(ちょっとだけ)の続き

お疲れっす。

昨日はMBAの価値について書いてみました(ココ参照)。
ざっくりいうと中堅MBAでもいいじゃん、価値は人それぞれだし!って話。

ですが、これ一応私の場合です・・・。

やはりMBAに行くようなお年頃ですと、かなりの条件が入ってきます。
  • 家族
    家族の方も満足できる環境であることが必要。
    例えば子供が安心して暮らせる環境とか。
  • 仕事
    それなりに責任あるポジションであるケースが多い。
    休職という手段をとるか、退職をして飛び立つか?
  • お金
    軽く1000万を超える費用を払う価値があると認識できるか?
    そもそも資金調達は可能か?
  • 時間
    準備期間にどれだけかけられるか?
    1年遅らせるとか、年齢的にも許容できるか?
ざっくりいうとこんなとこ?
ここら辺の条件と自分のキャリア感との折り合いをつけるのが大事なはず。

ぶっちゃけ私だってリソース(資金や時間)が許されるのであれば2年制がいい。
そしてずっとUSに憧れもあったし、どうせ行くならUS Top校でって思いもある。
やっぱりTop校と中堅では色々なチャンスの幅が圧倒的に違うと思うから。

けど、現実見ると・・・そうもいかないよね。

というわけで、自分のキャリア感と条件を踏まえて1年制の欧州を目指してます。
欧州であればUSよりも準備コストや費用が減らすことが出来ます。
もちろんダイバシティなど特徴もあって、USじゃなくても良い経験が出来そう。
しかも、Pre-MBAなんかもあって、純ドメな人向けかなぁとも思ったり。
まぁ、最近はコストや就職に有利なシンガもちょっと入ってるんですけどね。

補足をすると、そんな感じです。

なので、条件をカバーできる見通しが立ち、こだわりが強いならTopを目指すべき。
とことんやりつくすべきだと思います!

と同時に、私のようなリーマン家庭に育ったリーマンもMBA行ってもいんじゃん?
強調したかったのは、これね。

というわけで、引き続き中堅MBA目指して頑張りますw
では。

//ちなみに資金調達は本当に本当に見積もりをしっかりすべきです。
//特に私費は銀行等からは借りれないと思ったほうがいいですよー。
//って、考えるとやっぱハードル高いな・・・MBA。

2010年11月29日月曜日

MBAの価値を再考(ちょっとだけ)

お疲れっす。

先日、TwitterでちょこっとだけMBAの価値について盛り上がりました。
ざっくりいって以下の点がポイント。
  • キャリアに有効なスクールは?
  • Top以外に行く価値はあるか?
ちなみに、私の考えは既にココとかココにて書いたとおりだったりします。
MBA自体に価値は無くって、経験値をあげるOptionって考えですね。

MBA目指していていうのもなんですが、MBAはやっぱ"お勉強"だと思います。
各人に不足している知識を補い、あとはそれを試す場所を提供されるところ。
でも、実務はもっと複雑だからそのまま当てはまらない・・・みたいな。
経験上、人を動かすっていう泥臭い部分がMBAでは足りないような気も。

まぁ、そんな感じでMBAに幻想を抱いてない私です。
ですが、やはりMBAには行きたいと思ってしまう私でもあります。
MBAでキャリアどうこうなんていう話じゃなく、純粋に以下を経験したい。
  • 単純にいろんな人種の中で、どうやって自分の価値を上げていけるか?
  • どうすれば多様な人種のチームで人を動かすことが出来るのか?
  • いったい彼らのマインドのポイントはどこにあるのか?
なので、Topスクールでどうこうって感じでもないんです。
純粋にダイバシティーとかマネジメントを経験していきたい。

Top校か中堅校かって話はありますが、正直言って個人の価値観ですからね。
Top校はキャリアと人材に価値があるといいますが・・・私は疑っています。
キャリアといっても日本ではMBAよりバックグラウンドが大事なのが基本。
また海外でも別に日本人を好んで採用するような国はもうありません。。。
人材面に関しては確かに優秀な人が集まるようです。
しかし、それって結局今の仕事環境の延長線上でしかないって感じる人も。
つまり、MBAでの新鮮味が無いっていうケースもあるようです。

要は自分が何を求めているのかというリアルなWhy MBA?に依存するのかも。
というわけでして、私は私の選んでいるスクールや対策に後悔はありません。

そんなこんなで、中堅校を目指している人も別に堂々としてていいんじゃん?
こうすれば~の際立った優秀さもありますが・・・あれは特別ですw
それに人を動かすのって優秀さとかデータで計れない部分が大きいです。
もうその人の生き方があらわれる・・・みたいな。

って感じで、私は中堅校をがっつり目指して受かってやりますよー。
こうすれば~には書かないかもだけど、このBlogに残したいですね。
普通のリーマンだってMBA目指していいんだよって。
そんな奮闘記で一人でも多くの人がチャレンジ精神を育んでくれるといいな。
そういう小さな変革が日本を良くすると思ったり。

そんな思いをちょっと持ちつつ、引き続き受験頑張ります。
では。

振返り(11/22~11/28)

お疲れっす。

1週間て早いですよね。
気づけばもう12月ですよっ!
まったくもってあがらないGMATとエッセイを前にガクブルする日々です。
これがIELTSもあったら・・・死にますね。

やはりIELTSを切ったのは正解、というか戦略勝ちな気もしてます。
まぁ個人の目標にもよりますが、中堅MBAならIELTSが間違いないかも。
逆にTopやUSを考えるならTOEFLじゃないかなぁ。。。
IELTSは追い込みかけるのが難しいし、来年とか7.5がさらに増えそうな予感

まぁ、そんな予想はおいといて、振り返ってみましょうか、今週も。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(39h)
      すいません、国民の休日は萎えて休んじゃいました。
      すぐポキっと折れる心の弱さは健在です、他の日は頑張ったけど。
    • GMAT
      • Math
        PREPれませんでした・・・(泣
        やはり平日に時間作ってヒルズでってのが王道かも。
        あとはマスアカ、やり忘れたーーー。
      • SC
        YESで土曜文法とSCを1つずつ。
        んー、土曜文法良すぎだろ、コレ。
        SCと相乗効果でております、点数がついてこないけど。
      • CR
        Manhattan GMATのさわりを50ページくらい。
        来週から解法にがっつり入る予定。
      • RC
        昼休みにDailyで解いていますが、やはり単語勝負かも。
      • その他
        V PREPは1回だけやって18だったっけかな?
        まぁ、初めの8に比べてダブルスコアですけどね・・・。
        でも、時間間隔にはかなり慣れてきた!
        そしてAWAは引き続き無勉・・・。
    • 出願関連
      各スクールのDeadLine確認程度だった・・・。
      Whyのダメだしが半端なく・・・かなり orz してました・・・。
      精進します。。。
    • その他
      英会話再開してます。
      やっぱ英語は楽しい、人とコミュニケーションとるの最高!
      それとTwitterは引き続き、かなーりいい感じでやっておりまする。
      あとはー、3800をコンスタントに1.5h/dayくらい?
  • 今週の反省
    イマイチToDoを消化し切れてない。
    もっともっと会社での細切れ時間を有効活用しないといけませんな。
    ここでエッセイネタを独りブレストしたい。
  • 来週のToDo
    • GMAT
      • Math
        今度こそPREPを1回はやる。
        やっぱMathはPREPだと思うので(OGもマスアカも簡単!)。
        そしてマスアカのまとめノートも1~2回は振返ろうか。
      • SC
        YESの復習も6週目くらいだけど、まだまだ叩き込みます!
        たぶん最終的には10週はやりそうな予感w
        そしてSCの追加はいろいろなアドバイスよりサスペンド。
        あとは年内に文法を取りきりたいから、水曜にも出る!
      • CR
        Manhattanをガシガシですね。
        解法を洗練させたいっす。
      • RC
        こちらは引き続きDailyで。
      • その他
        PREP 1/weekはやっぱ抑えたい。
        ちょっとAWA対策をぐぐろう。
    • 出願関連
      実はFECに来週末に予約を入れております。
      ここでキャリア感とかを詰めたいと思うので、しっかり準備と。
      Whyの部分をきちんと作って、それを持ってFEレビューってもらう。
    • 英会話
      ちょー楽しい英会話は2h/weekで続けましょう。
      やりすぎず、やらなすぎずが基本かと。
      インタビュー対策はエッセイ書き終えてから!
といった感じ。

えっと、受験とは関係ないんですけど、最近はまたもやlibdubにはまってます。
ESADEとかEMLYONとかHECあたりがYoutubeにUpして超楽しい感じ。
MBA(MSc)の学生が一生懸命こんなのやってる・・・って考えると笑えてきます!
と同時に、昔みたいにこんなことやりてーと思ったりして元気もでます。
ちょっとオススメ(ちなみにフランスはやっぱオシャレ&カワイイなぁ・・・)。

というわけで、また来週も頑張りましょうね!
では。

2010年11月23日火曜日

デポジット戦略

お疲れっす。

今日は休日なんで勉強できますね!
ですが、こんな日に限って集中力が切れ切れ・・・。
んー、ちょっと肉体的にも精神的にも疲れてるかも。

そしてそんな疲れをさらに増しているのがデポジット。
デポジットっていうのは合格後に払い込みする手付金みたいもの。
合格してから考えろよ!と思いがちだけど、そう簡単に割り切れない
それが私費受験生の悲しさ・・・。

デポジットは合格後の決められた期間内に振り込むことが必須。
調べた感じだと3~6weeksくらいで払い込まなきゃいけない。
そしてその値段は授業料の5%~10%が相場のよう。
つまり、1校あたり20~30万程度が必要になってくる!
・・・ワタクシ的には瞬殺されてしまうお値段でございます。

というわけで、必死で昨日調査しました。
その結果をメモっておきます(超自分のため)。
  • Manchester
    期間:6weeks
    値段:£1500
  • Lancaster
    期間:3weeks
    値段:£1500
  • Edinburgh
    期間:28days
    値段:£1500
  • Durham
    期間:6weeks
    値段:£1000
  • NTU
    期間:?
    値段:$5000(シンガポールドル)
  • NUS
    期間:?
    値段:$5000(シンガポールドル)
こんな感じですねぇ。。。
だいたい20~30万てとこ。
まぁ、シンガの期間はエージェントに聞きましょうかね。
そのために雇ってるんだし。

というわけで、このお金も見つつ出願を考える必要が出てきました。
従来は志望優先度で受けようと思ってましたが・・・無理ですね。
お金+志望度なので微妙に出願タイミングが前後しそう。
あとは・・・1校程度のデポジット払い込みは覚悟かな。。。

ちなみに上記の志望校の場合はそこそこ上手くいきそうです。
UKはラウンド制じゃなくローリング制なので、自分で出願が決めれる。
MBSはラウンド制っていっても、ローリング制と同じ感じだしね。
まぁ、シンガはラウンド制なんで、ここがポイントですね。。。

とりあえずは、以下の感じで出すと最も効率的な気がしてます。
  • 1/E
    NUS, Edinburgh, Durham
  • 2/E
    Lancaster, MBS
  • 3/E
    NTU
こうするとたぶん上手くうまくまわるかな(NTUが・・・)。
ただ1/BのGMAT次第であるんだけど・・・。
そして年内に基本エッセイとNUSまで作りこまなきゃ・・・。
時間がないっ!

てわけで、やる気がでないとか言ってないで勉強しなきゃっ!
では。

2010年11月22日月曜日

振返り(11/15~11/21)

お疲れっす。

今週は本当にいろいろありました。
GMAT ⇒ orz ⇒ リカバリープランって感じでしょうか。
まぁ、正直リカバリープラン考えるの大好きです・・・職業病?
その後も書類準備+エッセイダメだしがあったりして・・・。

そんなわけでして、怒涛の1週間の振返りスタート!
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(35h)
      GMAT試験があったので、こんなものかな。
      来週は休日もあるのでががっと積みましょう!
    • IELTS
      これは完全にSuspendする決意をしました。
      クライテリア的に足りないようですが、これでいけるみたい。
      がっつりスクール調査しておいてよかった~。
      あとはエッセイとインタビューと熱意の勝負!
    • GMAT
      • Math
        PREP×1 ⇒ 49でした。
        んー、マスアカより難しい問題とケアレスがまだまだ。
        来週もPREP×2くらいしたいな、休みあるし。
      • SC
        引き続きYES復習を50/day程度とハンドアウト毎日復習。
        YESのSCの残りの単位を受講と土曜文法を追加。
        んー、まだまだですが追い込むしかない!
      • CR
        Manhattan GMATを追加!・・・しただけ。
        来週からDailyでやっていく予定です。
      • RC
        こちらはOG2周目を1passage/dayでやってます。
        んー、単語勝負ですが速読の練習にもなるかなって。
      • その他
        AWA無勉でGMAT受けて死んだ。
    • 出願関連
      エージェントとガリガリやり取りしました・・・疲れた。
      あとは日本語エッセイのレビューしてもらいました。
      書いた量と同じくらい赤が入りましたが・・・来週チェックしますw
    • 英語
      ひっさびさのSkype英会話。
      ちょー楽しいのでしっかり週2回やっていこう。
      楽しすぎて毎日やりたいけど、それはスコアメイクが済んでから。
  • 今週の反省
    人生においてケアレス多し。
    もっと慎重に何事も進めましょうね・・・。
  • 来週のTo Do
    • GMAT
      • SC
        YESで土曜文法とSCコース。
        あとは毎日ハンドアウトと土曜文法とSCの復習。
        SCはどう考えても勝負なので。。。
      • RC
        引き続き30m/dayくらいで地味ーに。
      • CR
        Manhattan GMATやるよ!
        Math PREP無い日に主にやる感じ?
      • Math
        マスアカの復習程度はしましょうか。
      • PREP
        MとVそれぞれ2回ずつが目標です。
    • 出願関連
      まずは日本語エッセイのリバイズ。
      Why MBAとキャリアプランを固めていくのが先決。
      ここは譲れない部分なので本心を書いていくつもり。
      MBAは手段でしかないんですよ・・・。
      それと出来ればWhy シンガも考えたいなぁ。
    • 英語
      英会話を2h受けましょう。
      あとはiPhoneアプリで英会話で使えるようなの探そう。
      簡単なニュースベースなのがいいなぁ。
といった感じの盛りだくさんの1週間でした。
その他にもイベント・カウンセリング・GMATの予約もしたりなんだり。
いっそがしい!

けど、Twitterが超いい感じなんで超頑張れる。
MBA受験生の優しさ、はんぱないなー。
ボクも受験生⇒在校生になっても、がっつりサポートしたいですねぇ。
特に本当に真正面から頑張ってる受験生さんに対しては!

と未来の夢を語ったところで、明日に向けておやすみっす。
では。

2010年11月21日日曜日

土曜文法もとってみた

お疲れっす。

今日は土曜日でしたので、いつものSCを受けに御徒町に。
ですが・・・前日にあまり時間がとれず直前にベローチェで予習。
しかも時間取れなくて焦って不十分なまま授業へ突入。
んー、ダメダメでした・・・。

そんな状況ですが、今日から噂の土曜文法を取ってみました。
SCコースを取ってるとわかるけど、ちょくちょく土曜文法の話が出てくる。
というのも、SCだと問題量と時間の関係上かなり制限された説明のみ。
なので、大人の英語の基礎は土曜文法で解説って感じらしいです。

正直不要でしょ!って思っていたのですが・・・SC出来な過ぎのため受講。
もうSCはこれが頼りって感じで受講してみたところ・・・かなりイイ!って感じ。

まず、費用が安い。
全5回で5万円(10週以内)という話だったので、5回のみかなーと思ってました。
ですが、どうやら10週間以内は何回受けてもOKとのこと。
特に今はGMAT対策はSCコースに集中しており、全然問題ないとのこと。
実際に今日も半分は2回目の人達でした・・・。

そしてペース。
SCコースは超絶インテンシブで、正直疲れます(というか死ねます)。。。
ですが、こちらはかなーりまったりとした空気感で進んでいきます。
受講者さんもMBA受験生だけじゃないので、また雰囲気も違う。
んー、これならSCと合わせて6時間いても疲れないっすね!

最後に内容。
内容的には半分以上は知ってるなーって感じでした。
ですが、豊富な例を用いてゆっくり解説してくれます。
しかも、SCではごく一部しか展開されない情報もしっかり全部展開
なので、本当に広い知識を得るチャンスになると思います。
実際に本日復習をしたところ2時間ちょっとかかりましたね・・・意外!
しっかりと毎日復習して体で覚えたいと思います!!!

というわけで、想像以上に土曜文法ステキです。
これを頭に叩き込むと確かにSCの見切りは早くなりそうです。
もちろんこれだけじゃSCは全然勝てないんですけどね・・・。

というわけで、空いている今のうちに土曜文法取るの超オススメ!
では。

2010年11月18日木曜日

IELTSを切るという決断

お疲れっす。

ここ数ヶ月ほぼほぼGMATの勉強をしておりました。
IELTSを頑張ったのは・・・前回の試験の1週間前くらいかな。
後はプライベートレッスンくらい・・。

もちろん停滞しているには理由がある。
一番の理由は既に6.5を取っており、ほぼ受験可能ということ。
MBS, NTU, NUSに関しては今のスコアで問題ない。
また、LMS, EBS, DBSに関してはConditional Offer対象に入ってくる。
そして恐らくGMATで点を取ることで、Conditionalは取れそうな雰囲気。
それに取れなくても元々Pre-MBAに通う予定だったので何も問題ないしね。
というか、WBSに経験不足で切られたのが決断を押している。。。

そして二番目の理由は・・・なかなか伸びないWとS。
Wに関してはテンプレを教えてもらって伸びる予感。
Sに関してはスピーチが壊滅的なので・・・練習するしかないっぽい。
やれば伸びるし7.0とれる気もするんですけどね。
でも既にミニマム持ってるので・・・どちらかというとインタビュー練習したい。
というか、MBSとかは確実にインタビュー重視ですしね。

そんなわけでしてもう心が追いつきません
確実に必須なGMATとエッセイ関連対策に年内は費やします。
というか、1月のGMATは1st Roundに対する最終になりそうですし。
まじ気合入れて600Mをがっつり狙っていきますよ!

というわけでして、わたくしIELTSを切ります。
勉強の再開はEBSからConditional Offerの条件に指定されたらかな。
まぁ、そうなるとDBSに行っちゃうかもだけどw

といった感じで、GMATによりインテンシブにいくぜ!
では。

2010年11月17日水曜日

予算が厳しくなってきた・・・

お疲れっす。

今日からまた気持ち新たにGMATにチャレンジ中です。
心の中では次がラストと思っているので、その意気でスパートします。
もうクリスマスも年末年始もヒルズりますよー。

と、勉強の話だけでなく、たまにはお金の話でも。

みなさんご存知のようにMBA受験は超お金がかかります。
GMAT予備校、英会話、カウンセリング、エッセイ、試験代・・・。
社費ならまだしも私費は・・・ここでお腹いっぱいになりそうです。。。

私も私費かつIT系という薄給業界にいるわけでして、かなりつらいです。

そんな私ですが受験開始にあたって予算は見積もり済み。
GMATやIELTSは欧州系なので高いスコアは不要なので独学でOK。
エッセイが肝なので、ここだけ50万くらい使いたいなぁっていう想定。
ですが・・・発生しました、考慮漏れ

まず試験をこんなに受けることになると思ってもみませんでした・・・。
IELTSとGMATで最終的には20万くらいになりそう。。。

そして次にGMATとIELTSのスクール。
IELTSは色々合わせて10万くらい
GMATは30万くらいになるかなぁ。。。

というわけで、エッセイも合わせるとざっくり100万くらい(見積もりの2倍)・・・。
準備費用なんて費用総額の消費税程度という人もいますが・・・やっぱねぇ。
やはりMBA志願者は金融・コンサル・商社ってのはわかる気がしますね。
そして私みたいな奴はまさにギャンブラーなんでしょうね、人生の

まぁ、そんなわけでして予算もかなり圧迫しております。
特に不景気も重なったりして日々の収入も厳しい状況。
早くオファーもらって、仕事で金稼げモードにならないとキツイ・・・。
合格しても金がありませんでした!とかシャレになりませんて。。。

そんな感じで、今からMBAとか目指す人はかならず資金計画たてましょうね!
たぶん何よりも一番重要なステップですよっ!

では。

2010年11月15日月曜日

GMAT対策(年内編)

お疲れっす。

GMAT試験微妙っすねー。
と、軽い気持ちだったのですが、Twitter&リアルで叱られ受験生復帰!

いや、ほんと両方ともステキなアドバイスをいただいております。
ほんとMBA受験生熱いっすねぇ・・・感謝しきれねぇっ!!!
ボクからはネタの提供は極薄ですが、聞かれればベストつくしますよ!

と、そんなアドバイスや試験対策中に感じていたことを再度振返ってます。
そこで感じたのは、やはりGMATはMathとSCが王道
そしてCRとRCはその先にあるもの・・・(単語勝負)。
そういう結論です。

というわけで、そんなのを踏まえて次回までの対策を作ってみました。
  • Math
    マスアカ&OGを3周しており、正直Tipsはマスターしてると思ってます。
    なので後はPREPっていくのがbest of bestな対策な気がします。
    またMathはが落ちやすく、全体に響くのでコンスタントにPREPる。
    やはりPREPで51(満点)を連発できるかが肝
  • SC
    YESの3単位分の復習も5回はやったので、さすがにフレッシュ感は薄い。
    また、SCコースだけでは文法の幅に疑問が出てきました、英語苦手だし。
    というわけで、文法コースを追加とSCを1単位追加していこうと思います。
    ここまで復習よりだったのを、再度新しい知識のInputに傾ける。
    そして並行して復習は進めてっと・・・また吐き気と痙攣に襲われそう。。。
  • CR
    もうOGも3回くらい解いちゃってて、なんとなーく解法も身についてる。
    まずは自分で仮定して読み進める・・・みたいな。
    ここはやはり単語勝負として、PREPを通して磨いていこう。
  • RC
    RCに関しては今日は2つ切りで1つ8分程度の良いペースで解けた。
    が、やはり単語知らないといけないし、慣れればもっと早く読めそう。
    単語の補充も兼ねて、ちょっとOGの2回目を毎日やろうかな。
    1日1つなら10分+復習20分で全然いける・・・よね?
  • AWA
    んー、さすがに何かやらないとマズイ気もしてきました。
    Jackのテンプレで4.5という話もいただいたが、どうしましょうって感じ。
    この前もらったIELTS WのT2のテンプレも秀逸なので、それ暗記かな。
    これを使ってまずはIELTSのT2を通して再度頑張りたい。
    ということで、Skype英会話復活!
  • PREP
    そして最後にPREPの重要性を強調しまくりたい。
    やはり紙ベースで出来たからといって、PREPとは全く違います。
    やりきって感覚を掴みまくって、もう問題覚えちゃったよ!くらいが良い。
    本当にそう思ってますので、今後は週1~2はPREPりたいと思います。
という感じ。
まぁさくっとまとめますと、PREP+YES+単語+英会話・・・ですね。

ちょっと厳しくなった(もともと?)受験ですが、負けねぇ。
では。

振返り(11/8~11/14)

お疲れっす。

既に5本勝負の2本を経過したGMAT。
ある受験生さんがいってたけど、やっぱ半年はかかるな・・・。
7月から徐々に始めたから・・・1月くらいには600いくぜっ!としたい。

それはそうと先週の振返りいってみます。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(36h)
      ほぼほぼGMATで週末は押さえ気味。
      まぁ、OKでしょ・・・相変わらず結果ついてこないけど。
    • IELTS
      Private Lessonに出られなかった・・・。
      高い+Wのクラスだったし絶対受けたかったけど。。。
      といっても、現状はIELTSはほぼ切り気味だったりもする。。。
      GMAT集中(AWA対策としてはW勉強したい)。
    • GMAT
      • Math
        マスアカやり切ったのとPREP×2ですね。
        ちょっとMathに関しては、後はPC慣れな気がします。
        少なくともマスアカ&OGレベルは解法的にはOK。
      • SC
        SCは相変わらずYESの復習をしました(5回目くらい)。
        さすがに1日100問とかやると吐き気しますね・・・。
        ですが、見えないというかなんというかです。。。
      • CR、RC、AWA
        AWAは無勉でいって・・・ダメだなぁと反省。
        CRとRCはやっぱり単語勝負になってますね。
        特にCRは解法は身についてるので・・・。
    • 出願関連
      とりあえず、志望校をFixさせたり、アドミとコンタクトとったり。
      んー、あとはあんまり進んでないなぁ・・・エッセイやべっ。
  • 今週の反省
    もうちょっとPREPやりたかったなぁ。。。
    やっぱり試験受けるまでにPREPは10回くらいはやるべきかも。
    そして点数が安定してきたら受けるのがベストです(と2回目で気づく)。
  • 来週のTo Do
    • IELTS
      LとRは切って、WとSだけやります。
      WはAWAでも使えるし、Sはインタビュー対策でもあるので。
    • GMAT
      ここ2ヶ月はInput1ヶ月、Output1ヶ月って感じでそれなりでした。
      が、もう時間が無いので1ヶ月はInput&Outputを同時にします!
      御徒町の土日通い復活と文法クラス追加にSC1単位追加。
      CRは完成とみて、RCを毎日1問(10分)×2くらいやりたい。
      それとPREPはコンスタントにやっていこうと思います。
      1度にMとVはキツイので、2回にわけて週1.5くらいはしたいな。
    • 出願関連
      んー、エッセイと出願戦略を考えたい。
      というか、まずNUSとLancasterあたりを優先して仕上げる。
      で、それが出来たらNTUとかかな?
      そして最後にそれを他の2ndなスクールへ流用っと!
といった感じの週でした。

んー、GMATキツイ、キツイといってますが、思い返せばまだまだです。
半年もたってないんだし、やっと上向きになったくらい。
あとはPREPガシガシやって感覚を磨くの本当に重要。
あのカウントダウンされる時間に早くなれたいなぁ。
加えてPCだと時間が早く感じるから、紙の場合は短めでとかなきゃね!
と改めて2回目で気づきました・・・。

まぁ、そんな感じで来週以降も頑張ります!
では。

GMAT試験(2回目・・・一応)

お疲れです。

本日はGMAT試験でした。
とりあえず今までやったことは全部出し切ったつもり。
時間のマネジメントは出来たし、RC2つ切りで全問解いたし。。。

ですが・・・結果出ねー(泣

というのも良くわかりませんが、PCがトラブりました。
色々とセンターの人も頑張ってくれましたが、センターのPCもトラブる始末。
・・・もう、なにがなんだかです、ハイ。

一応、後で連絡するって話ですが・・・今回の結果どうなるんだろ。
もう2ヶ月ちょいの勉強時間が ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン ですよね。

なので、本来ならば落ち込むところなんですが・・・不思議にそれはない
先ほど書いたように今までの力は出し切ったし、たぶん結果は不足だったはず。
たぶんMが47~9くらいで、Vが20未満だったんじゃないかな・・・500Mくらい?
って考えると、ターゲットに全然足りないのです。

それに加えて、今日はココの人とたまたま試験日が同じでお会いしてきました。
非常にナイスな方で試験で落ち込んでるはず?なのに超前向き。
しかも今日は2ndの〆!ということで、エッセイ等のラストスパートとのこと。
・・・凄すぎだろっ!

ほんと超ナイスな方で、色々と有意義なアドバイス&紹介をいただき超感謝!
うーん、もっともっと動かないといけないっすね・・・。
スコアメイク、アドミとのコンタクトだけじゃ足りないなぁ。
ビジットなども視野に入れていこう(特に安いシンガポール!)。
あ、もちろんエッセイでWhyのベースをガシっと作った後ね(よって1月くらい?)。

てな感じで、GMAT試験としてはダメダメ?だったと思います。
ですが、それ以外の大きな収穫ありました!
次は仕事の関係上、冬休みじゃなきゃ受けれないので・・・12/Eに受けます!
今日はそれまでの戦略を考えてゆっくりしよっと!

まだまだ受験が続く受験生さんは頑張りましょうね~。
では。

2010年11月11日木曜日

志望校を"とりあえず"決める

お疲れっす。

GMATがどうにもならない状況です・・・。
PREP ⇒ YES復習100~150問 ⇒ PREPって感じで交互にやる毎日。
難点はやっぱ自分の性格(不注意多し!)かなって見えてきてる。。。
やべっ!

そんな状況ですが、エッセイ書かなきゃいけない。
そしてエッセイを書くには志望校を決めないと・・・。

というわけで、実はここ数日結構悩んでおりました。
まさにWhy MBA, Why UK/Singapore/France, Ranking, Reputation...etc.

そんななか一応の結論を先日出し、エージェントに通知(最終契約)しました。
はい、これで受験校は"とりあえず"Fixです。
"とりあえず"としたのは・・・GMATとIELTSが不十分だから。
今のままじゃ最悪全滅ですからね・・・。

さて、そのとりあえずFixさせた受験校は以下の7校。
  • Manchester Business School
    やっぱり志望してみたいMBS。
    US+Euroが織り交ざった感じの構成で楽しそう。
    PracticalだしInternationalでやりたいことがここにある!って感じ。
    予算オーバーでも行きたいっすねぇ・・・。
    あとはここの場合は、GMATよりもインタビュー勝負な気もしてる。。。
  • Lancaster Management School
    ここはやっぱプロジェクトの多さがPractical。
    あとは田舎で費用は安そうだし、勉強に集中できそうです。
    それにEAPもあるみたいで、かなーりGood。
  • National University of Singapore
    ここはSingaporeの2大スクールのひとつですね。
    Singaporeはやはり就職チャンスというのが一番大きい。
    それとNUSはManagement系のプログラムが良さそうって思いました。
    費用はUKより安くもないけど、まぁエキサイティングな生活が出来そう。
  • Nanyang Technological University
    そしてこっちがSigaporeのもう一つのスクール。
    こっちの方が勢いがありますね。
    MITの協力を得て作ってるスクールということもあり、ちょっと自分好み。
    抑えておきたいです、ハイ。
  • Edinburgh Business School
    超名門大学が持つ、普通のスクール。
    といっても、International MBAであれば交換留学もありGood。
    それにEdinburghはダイバシティー抜群だし、なにより街がステキ。
    ただレクチャーベースなのは微妙かな・・・MBAっぽくないし。
    あとはここIELTS7.0取れれば受かると思ってます、インタビュー無いし
    落としたくないなぁ。。。
  • Durham Business School
    ここもEdinnburghと同じで名門大学の持つ、普通のスクール。
    ただ、ここは結構自分の好みだったりします。
    優れた語学プログラム、企業の取締役会への参加、プロジェクトなど。
    それにStudy Tripもあったりして、実は微妙なスクールより全然いいw
    でも、ここもレクチャーベースらしいんですよね。。。
    ちなみにここもGMATはいらず、IELTSも6.5でいいんじゃないかな?
  • Strathclyde Graduate Business School
    ここは上の2つよりもFTでは評判の良いスクール。
    とくに戦略に強みがあるみたいですね。
    まぁ悪くないんだけど・・・戦略よりもマネジメントが学びたいっす。
    ですが、IELTS6.5だけでOKといってるので受けてみようかなと。
    インタビューの練習にも当てたいと思ってます。。。
長々と書きましたが、これが今の自分の志望校。
ちなみに上の4つはエージェントと契約済み。
残る3つはBEOにでも頼みましょうかね、UKだし。

それにしてもGMAT・・・大変過ぎる。
そしてなんていうか実の無い試験ですよね・・・。
特にMathとSCに集中してしまっているので、留学後に役立つかは・・・微妙。
SCは役に立つか、大人の英語ということで。

そんな感じのMBA受験ですが、ほんと年内が勝負(個人的に)。
まだまだへこたれず(ちょっと人知れず泣くけど)、全力で向かっていきます。

では。

2010年11月8日月曜日

振返り(11/1~11/7)

お疲れっす。
いや、疲れました。

先ほども触れましたがGMATヤバイです。
ほんと手ごわいゲームとしか言いようがないっすね。
というわけで、今週も苦戦したGMATを中心に振り返ってみます!
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(42h)
      先週のサボリをちょっと挽回。
      でも、結果が伴わないから意味無し・・・。
    • IELTS
      Private Lesson用にWを1回だけ。
      いやー、1ヶ月ぶりくらいのWでしたが・・・意外と書けました。
      体は覚えているもんですね~。
      が、それを週末のPrivate Lessonにて全否定されました。。。
      懸念していたとおり、構造がAcademicでなかったようです。
      代わりに講師オリジナルテンプレもらったので大満足っ!
      これ、GMATにも使えそうだー(効果のほどは不明ですが)。
    • GMAT
      マスアカの3周目が終了しました。
      なので、仕上げの問題のほうをやってます。
      かなりいい感じ。
      SCは引き続きYESの教材を3周目がほぼ終了。
      ですが、週末のYESでは完敗でした。
      まだまだ知らない知識がありますなぁ。。。
      そしてPREPを1回やってみましたが・・・大惨事
      原因は時間管理かなぁと疑い中。
    • 出願関連
      MBA Tourに参加し、お目当てのスクールと話してきました。
      自分のPoorな英語にやられつつも勢いで乗り切った。
      あと、NUSの説明会にも参加。
      そしてもちろんフォローアップのメールも忘れずにと。
      いやぁ、シンガポール、一気に志望校に躍り出てきたw
      あとはエージェントと軽く相談して、出願校を決定。
      ここはまたあとで別記事でまとめておきたいな。
  • 今週の反省
    勉強面では頑張ってると思う、結果ついてこないけど。
    逆に仕事面・・・ごめんなさい。
    でも、たぶん年内はこんな感じでだましだましになりそう。
    ほんとごめんなさい・・・ボス。
  • 来週のTo Do
    • IELTS
      週末に間違ってPrivate Lessonの予約をしてしまった。。。
      質が高かったのでしっかり準備が必要となりました。
      毎日Task2を1本、それとSの練習を30mやろうと思います。
      低空飛行ですが継続しておきたいポイントです。
    • GMAT
      ココでも書きましたが、PREPで時間配分感覚を磨きたい。
      体で覚えるんだ!体で!!!
      特に平日はPREPとSCの復習を毎日出来ればOK。
      週末は今週のYESの復習とマスアカの仕上げかな。
    • 出願関連
      一応は志望校決定です。
      それに伴ってまずは契約書を書いてエージェントに提出。
      あとはー、サポートから外したEdinburghの書類集め。
      んー、それとエッセイネタは引き続き出す感じ。
      それとNUSに送ってたメールの返事とかくるかな?
      着たら同じ内容をNTUにも送ってアピールすべしだな。
というのが今週の振返り。

なんというか、勉強は進んでますが結果が伴わないという最悪の週でした。
ぶっちゃけ勉強だって帰りのカフェ勉+会社の会議室でもやる状況。
でも、でも、伸びない・・・ツライ。

あぁ、もう11月だよ・・・。
ヒルズでも周りではエッセイ書いてたり、ヒルズ卒業している人多すぎ。。。
しかもTOP校とか・・・冗談だろ!?

そんなズタズタな気持ちですが、やはり負けられません。
というわけで、来週も頑張りましょうね!

では。

2010年11月7日日曜日

GMATに大苦戦

お疲れっす。

最近、Twitterのほうで破壊的なTweetしております。
原因はそう・・・GMAT

前回の本試験は激しく失敗だったため、ここ1ヶ月くらい集中したGMAT。
一応、こんな計画たてまして、ほぼほぼ計画通りに勉強したGMAT。
最近はマスアカの知識も覚え、SCも上向きになっており良い感じのGMAT。

と思って、先日もPREPってみたのですが・・・・500いかないという大惨事
お、おかしい、どう考えても知識の伸びと点数の伸びが同期しない・・・。

という状況を分析した結果、どうやら時間管理が問題では?という結論に。
というのも、紙ベースとPC(PREP)ベースではかなり違うということに気づいた。
いや、初めからわかっていたかもだけど、最初はその余裕すらなかったみたい。
今は勉強したという事実のおかげで、ちょっとだけ余裕ができた・・・のか!?

というわけで、それを鑑みて今日はPREPってみました!
そして結果は・・・またしても500を超えず。
というかMathは時間が足りずに残り10問を1問1分で解くという失態。
Verbalは・・・脳が麻痺して1/3くらいでギブアップ・・・。
で、結果は470
CATなんでCR, RC, SCがランダムに出てきて、それに対応できなかった。。。
うーん、やはり付け焼刃の知識でなく、体で覚える必要ありか・・・。

ということで、試験前の1週間はCATに対応する力をつけたいと思います。
それさえ出来れば点数はあがる・・・はず。
具体的には振返りにゆずりますが、毎日Prep1周くらいはしたいですね。
もちろん2回に分けてですが。

といった感じで、GMATに大苦戦なうです。
あー、やばい、やばいよー。

では。

2010年11月6日土曜日

Y.E.S.

お疲れっす。

今日は久しぶりにY.E.S.に行ってきました。
久々ということもあってか、超集中+新しいTipsも確認できました。
いやぁ・・・やっぱいいわ、YES。
残すは1単位なんですけど・・・なんとか最後には75%くらい正解したい。

今日はそんなYESについてメモっておきます。

YESは吉井先生という元イフの講師の方がされている予備校です。
LやWもやってるようですが、やはり・・・SCがメインのようです。
SC・・・普通の日本人には厳しすぎますからね。

そんなYESですが御徒町の怪しいマンションの一室が教室です。
入ってみるとわかるんですが・・・ほんと普通の部屋です。
しかもカーテンは無いし、スリッパ壊れてるし、机はチープだし・・・。
おまけになんか吉井先生ったら年齢の割りにマッチョだし・・・。

さすがに・・・最初はびびりましたw

ですが、質はMBA受験者さんの間でも超折り紙付です。
みーんな吉井先生は神って感じの評価ばかり。
ほんと悪い話は聞いたことがない。

そんな私も吉井先生は神だと思ってます。
私の場合はGMATは独学でと思ってましたが、SCはほんと苦労してます。
SCはOGを2周してみたものの1割という惨状・・・。
ほんとどうにもならなくて駆け込んだのがYESです。
そしてYESの教材を3周ほどしてやっと40~60%という状態です。
まだまだ復習が足りないですが、最終的には75%くらいいく予感です。

ちょっとそれますが、やはりSCは予備校に通うべきだなぁと思います。
そして出来ればYESにGW前から通うこと。
SCってベターな解答を選ぶ試験なんで、選択理由が超微妙&難しい。
OG程度の説明じゃ理解できるわけがない・・・ってOG1周して気づいたw
それに比べて吉井先生の講義はかなりスッキリ。
加えて使える大人の英語を教えてくれるので、これからにもプラスかと。

というわけで、YESは絶対オススメです。
予約が2週間前じゃなきゃ無理とか教材古すぎとかありますが、でもオススメ。
2011年向けは時間無いけど、2012年であれば土曜文法も取りたいですね。
SCのルールとか超教えてくれるらしいです(時間なくて取れてませんが)。

はい、そういうわけでMBA受験生のみなさんは今からでもYESへ行きましょう!
では。

2010年11月3日水曜日

NUSの説明会に行ってきた

お疲れっす。

最近、シンガポールが熱いです。
IELTS6.5でOK、ローコスト、英語圏、就職など今の自分にかなりプラス。
まぁ、GMATの要求はUKとほぼかわらないのは一緒ですが。。。

というわけで、今日はシンガポール国立大(NUS)のイベントに行ってきました。
約90分にわたるプレゼンで15人くらいの参加者でしたね。
まぁ、新しい発見はなかったですが、やはりメモっておきたいと思います。
  • 強み
    • ネームバリュー
      NTUよりも上というお話でしたが歴史面を考えるとそうでしょうね。
      やはりUKでいうとEdinburghとダブります。
    • 設備
      とにかく設備がはんぱないという印象です。
      スクールは新しいし、ジムなんかも当然ばっちり。
      それに寮も来年出来るらしいですよー。
    • 就職
      就職はまかせろって感じで7~90%は現地で見つけるらしいです。
      ただ他の受験生さんのBlogにもありましたが、お給料は・・・
      やはりアジア採用では限界があるのは事実だと思います。
      ここは自分が得たいものとの天秤ですね。
    • Life Long Program
      MBA卒業後でも好きなクラスを3万円で受けれるらしいです。
      まぁ現地でお仕事する人にはプラスでしょっ。
  • 構成
    4ヶ月+4ヶ月+インターン+交換留学 = 17ヶ月だそうです。
    出来れば交換留学したいと思っていたので悪くないですね。
  • コスト
    現在の換算で330万くらいみたいです。
    だいたい£20,000なので、UKの中堅と同程度っすかね。
    あとは生活費は東京よりちょっと落ちるくらいみたいです。
  • スコア
    IELTSは6.5でGMATは600Mとのこと。
    まぁNanyangやUKと一緒で600 Overが目安と思ってます。
  • 出願
    ここは事前調査でわかっていましたが、ノリがUKでした。
    とにかく早く出せ、スコアメイクはそれからだ!だそうですw
    UKのようにConditional Offerはないと思いますが、余裕ありかも。
    それと年1~4人の日本人が欲しいみたいなので、早めの出願かな。
    とりあえず、GMATでスコアメイクできなくても1stで出すか、コレ。
とりあえず、こんな感じでしょうか。

まとめとしては"悪くないわー、シンガポール"といった感じ。
もともと"いつか海外で暮らす"から始まった留学プロジェクト。
シンガポールはその解として十分かもしれません。

ただ、それとともにシンガポールのMBAに疑問も持ちます。
欧州で暮らすというまたとない経験を捨て去る価値があるのか?
本物のダイバシティーを経験したくないのか?
海外就職といえども本当にシンガポールで働きたいのか?
などなど。

ここ、もう一度悩んでみようと思います。
それで一回エージェントに相談してみよう。

でも、ひとつはっきりした。
GMATがMUSTってことが!

さー、明日もYESの復習とマスアカりましょう。
では!

QS MBA Tourに行ってきた

お疲れっす。

最近、Twitterのほうでもコメントいただいてどうもです。
周りにMBA関連の方がいない環境では、ほんとそのコメントが励み。
助けられてます・・・。

それはそれとして。

今日はQS MBA Tourに行ってきました!!!
この規模のイベントは初なので・・・超緊張したー。
会社も早退し準備万端で向かいましたが・・・結局3校しか回れませんでした。。。
というわけで、会場の雰囲気と合わせてメモって残しておきます(自分用w)!
  • 全体的に
    • 雰囲気
      意外とこじんまりしてますね、MBA Tour。
      ですが、さすがMBAってことでとにかく外国の方がいっぱい。
      アドミもアプリカントも入り乱れて英語ですげーしゃべってる!
    • スクールのブース
      全体的に閑散ブースと超絶人気ブースの2極端でした。
      Cambridge付近が一番凄かったけど、あとは閑散としてたかも。
      特に日本人がいないブースは顕著だった気がします。
      それと有名校なのに意外とみんな集まってないっすね・・・。
      ESADE, EMLYON, Manchester, HEC, HKUST・・・たまたま?
      なんだこれ?って感じ、しょーじき。
  • 回ったスクール
    • Manchester
      日本人と思って日本語で話しかけ英語で返されました・・・。
      2人と話したものの、既にCV送ってるんでパンフ渡されて雑談で終了。
      言われたのは"Speaking練習しろよなっ!"+"GMAT頑張れ"です。
      やはり日本人はSpeaking能力不足だっていってました。
      Continue to practice speakingだそうですが・・・自覚してますw
      GMATは550がminimumだそうですが・・・やはり600はMUSTかと。
    • Nanyang
      ここは日本人の現役生徒さんが対応してくれました。
      彼が言ってたNTUのPros&Consが面白かったので残しておきます。
      • Pros
        ASIAのTOP MBAはINSEAD, HKUST, NTUしかない。
        INSEADは短いし、HKUSTは中国色強すぎ⇒NTUがベスト。
        ASIAは既にBusinessの中心であり、そこで学ぶMBAの価値。
        欧州のMBAを卒業しても現地就職は難しいが、NTUなら可能。
      • Cons
        日本の企業にはやはり名が通らず、欧米のMBAに負ける。
      事前に感じていたのと同じですが、かなりスッキリと説明してくれました。
      さすがTOEFL110GMAT740取得の生徒さん、キレキレです。
      あとはMBA/MOTも聞いてみたけど、やっぱりインテンシブ過ぎるかも。
      ちなみにGMATはminimumは600だそうですが・・・600Mな気がする。
      枠の競争率かなり高そうなイメージです。
    • NUS
      また今度NUSの説明会に行くので、軽めに回ってみました。
      対応してくれたのはEMBAの方でした。
      つたない英語で"興味あるからNUSの強みって教えて"と聞いてみた。
      EMBAの方+明日のイベントに行くことから、ざっくり2点だけ聞けました。
      • 歴史
        大学やスクールの歴史をあげてましたね。
        世界中に出身者がおり、NTUよりも認知度が高いようです。
      • 教授陣のレベル
        教授たちは海外の一流大学でドクターをとったアジア人みたいです。
        彼らの経験を同じアジア人でシェア出来るのが強みだそうです。
      なんだろう、Edinburghと同じ匂いを感じ・・・キライじゃないw
      それと最後に名刺交換もしておきました、よしアピールっ。
そんな感じですね。

それにしても英語で話すのって難しいですね。
もう時制とか前置詞とか複数形とか間違いまくり・・・。
ブースで流暢に話している日本人の方がたくさんいただけにちょっと凹み。
でも、逆に臆せず同じように話している人もいたので勇気づけられました。
やっぱ気持ちだよね、気持ち。

というわけで、やっぱMBA行きてぇ!と感じさせてくれるイベントでした。
まぁ、まずはGMATですが。

さ、明日もGMATりましょう!
ではー。