2010年8月31日火曜日

GMAT対策(9月編)

ども。

いやー、GMAT試験やっちまいましたね(ココ参照)。
もう大惨事どころの騒ぎじゃないっすよ。
今までいろんなアプリカントBlogを見てきたけど、400台は・・・ない

というわけで、リカバリープランが必須となってまいりました。
というか、必死で今日の午後は考えました。
そこで作ったPlanを書いておきます。

では、まずは決め事編。
  • Target
    まず目標を定めるところからスタート。
    ざっくり言って600 Overは必須だし、600Mくらいが安心。
    というわけで、100Up/Monthという高いハードルを設定。。。
    ちょっとチャレンジング過ぎるかもしれないけど仕方がない。。。
  • Decision Point
    上記にあるように、大体2ヵ月後に600Mを目指します。
    なので、次回は10/M~Eあたりに受けることになりますね。
    ですが、もうトライアル受験は不可能な状態。
    というわけで、9/Eあたりで進捗を見て試験日を考えていこうと思います。
    まず、1ヶ月、勝負!
うん、目標重要。
ここをターゲットにまずは頑張ります。

続いて対策内容編。
  • 対策
    • AWA
      IELTSのWと一緒でとりあえず1回は通信講座を取っておく予定。
      そこでどう書いたらいいかをちょっと学んでみようかと。
      というわけで、AWAはCactusのGMATショートコースを取ります。
      ただ、コース内容とか不明なんでちょとQ&Aをやりとりした後に。
    • Quantitative
      やはりOGだけでは足りないというのが印象です。
      OGの難問+より広範囲のカバーが必要。
      というわけで、マスアカ申し込みます。
      今のPSやDSの出来を見る限り、ここで満点を狙えると思ってます。
    • Verbal
      • SC
        これはもう素直にお手上げです。
        よって、YESの申込みをします。
        とりあえず、4単位の週2で2ヶ月を予定しています。
        ここでなんとしてもSCのスコアをあげたい!
      • CR&RC
        こっちは独学で行く予定です。
        というのも、やっぱ演習量が圧倒的に不足していた!
        RCとかそもそもロジカルに解けなかったし。
        慣れ重要ということで毎日解く予定です。
        RC×2パッセージ+CR×10を毎日やる予定。
こんな感じでしょうか。

うーん、お金かかるなぁ。
けど、仕方がないよね、そういうスクールに行きたいんだもの。
というわけで、上記に関してはDaily Scheduleにガシガシ組み込んでいきます。
もうエッセイもあるしキツイんだけど、やらなきゃ後悔する。
後悔するのだけはイヤだからやるしかないという方向で。

といったところで、今日は疲れたのでオヤスミっす。

では。

2010年8月30日月曜日

SI-UKに再登録しに行ってきた

ども。

今日はGMAT受験のため有休使いました。
4時間もあるので午前休じゃダメなんですよね・・・。

というわけで、時間の有効活用のため別件を入れ込んでみました。
それがSI-UKの再登録処理。
ずっと昔に登録していたものの全然使わなかったSI-UK(ココ参照)。
ですが、Edinburghの個別面談をやるって情報が載ってるじゃありませんか!
これはコネを作っておかなきゃ・・・。

まぁ、そんなこんなで行ってきたSI-UKですが・・・意外と良かったです。
やっぱりUK専門だけあって情報は持ってますね。
といっても、それを積極的に出さないので引き出す必要がありますが。
というわけでして、その引き出した情報をメモっておくべし!
  • 個別面談ってどうよ?
    個別面談は試験じゃないので、これで落としたりはしない。
    逆にコネを作る場でもあるので積極的に参加しましょうとのこと。
    質問だってさほど気にしたものじゃなくて、普通のでOKみたい。
    ex) ケースとレクチャーの割合とかどうですか...etc
  • 条件付合格ってどうよ?
    英語力が足りない場合に大学側が出してくるやつ。
    条件付の場合はだいたいPre-Sessionに参加してテスト受ける。
    このテストはIELTSより簡単かつ真面目に受けてれば落ちない。
    少なくとも落ちた生徒さんはほぼほぼいないとのこと(通訳専攻除く)。
    ただしPre-Sessionと本コースの間でVISAの延長が必須となってしまう。
    これが5万~10万くらいかかるので要注意。
  • GMATの要求がMAYってどうよ?
    これはケースバイケースとのことでした。
    5年目だとギリでOKかもしれない・・・という回答。
    EdinburghはMAYなのでCV作って、個別面談とかで聞くべしとのこと。
    ちなみに今年のEdinburgh MBAに行った人はGMAT不要だったらしい。
  • 出願書類
    書類作成に関しては始めましょうとのことでした。
    やはり全てが揃わずとも出せるのでっていうのが理由でした。
というわけで、かなり有益な情報が得られました。
これをもとに考えると・・・以下のような感じ?
  • Edinburgh大事に
    かなりフレキシブルだし、今のまま頑張っていけば結果がついてきそう。
    とりあえず、CV持ってガシガシ攻めていこうかと思います。
    エッセイも推薦状も少なめなんで、ここは大事にしておきたいスクール。
  • IELTS < GMAT
    IELTSは最悪条件付で倒せる可能性もある。
    が、GMATに関しては言い訳がきかない(少なくとも今の点数じゃ・・・)。
    よって、引き続きGMATは続けるべし。
  • 条件付もアリ
    もともとPre-Sessionは通う予定でした。
    なので、条件付で受かったとしても恐れず行っちゃいましょう!
というわけで、SI-UKなかなか良かったです。
GMATで凹んだ思いもちょっと回復されました。

さぁ、明日からまた地道に勉強しよう!
では。

GMAT試験(1回目)

ども。

受けてきました、GMAT。
そして惨敗してきました・・・。
なんつーか、自分の英語力の無さを呪いたくなりましたね。。。

まぁ、そんな辛かったGMAT試験ですが感想でもメモっておきます。
書いておくことで難しさや辛さを忘れないために。

では、まず結果。
  • Quantitative: 46 ⇒ 75%
  • Verbal: 8 ⇒ 1%(えっ
  • Total: 440...
Verbal・・・あり得ないだろ。
1%ってランダムクリックした方が出来るんじゃね?と思って泣けてきた。
まぁ、QuantitativeはまぁOGの出来とほぼ一緒かな。
初めてとしてはこんなもんかも。。。

じゃ、次にもうちょっと詳細なる振返り。
  • AWA
    AWAはちょっと写経的なことやんないとマズイかも。
    IELTSのテンプレで書いてみたけど、それが正しいのか不明すぎる。。。
    • Argument
      とりあえず書いたけど、批判が十分なのかはよくわからんです。
      文字数的には300くらいはいけたけど・・・。
    • Issue
      IELTSテンプレで攻略してみたけど微妙かも。
      それともしかしたら字数が少なかったかも。。。
  • Quantitative
    数問のランクリがあったけどそこそこの出来だとは思います。
    もうちょっと問題種別などこなして51に近づけたいですね。
    • Problem Solving
      基本的には普通な試験でした。
      が、意味が取れずにランクリしてしまったのが数問ありました。
      これに関してはOGだけじゃやっぱ限界が来てるという実感。
    • Data Sufficiency
      これは逆にほぼいけたんと違うかな。
      OGの2周目もそうだったけど、結構得意かもしれない。
  • Verbal
    これは自信が本当になかったし、全問解けきれないという事態。
    理由は理解不足+英単語力不足+練習量不足。
    精進が足りんです。。。
    • SC
      一応は頑張って解いたけど、やっぱ確信が無かった。
      得点源にしなきゃいけないパートなので対策立てなきゃ。。。
      てか、独学では限界と思われる。
    • CR
      これは初めてOGを解いたときよりも出来るようになってる。
      が、それも英語がわかればの話。
      それと解に辿り着くまでのスピードがまだ遅いな。。。
      練習量が足りないっぽい。
    • RC
      完全なる練習不足と思われる。
      一応は1問10分で解くという練習をしたが、10分は長いかも。
      問題数のバラつきもあるので、7分程度で読む練習が必要。
      RCは対策を立ててなかったので散々でした。
      CRと共に今後はDailyで組み込んでいく予定です。。。
という感じ。

試験の目安は100hの勉強量というけれど、どうやら伸びが人より遅かったみたい。
感覚的にはやっとVerbalはGMATらしい思考回路が出来てきたって感じ。
回路は出来たけど、データが適切に流れてこないし、ショート気味なのかもw
逆にQuantitativeは一応理系の面目躍如ってとこでしょうか。。。

あと、試験中の流れもメモっておこう。
  • 送付先
    5つまでスコアの送付先が選べるらしいですね。
    暗記して席について入力しましょう!
    まぁ、ボクは今回はどこも書いてませんが。。。
  • 試験の順番
    AWA(60m) ⇒ Quantitative(75m) ⇒ Verbal(75m)になってる。
    各合間に休憩が取れるようになっているのがポイント。
    とりあえず、リラックスも兼ねて必ず取ることオススメ。
    それとAWAが終わったらキーボードはPCの上にどけるべし。
    メモ書きスペース重要。
  • 休憩
    休憩は8mとなっていて、5m程度で席に戻ってくることが推奨されています。
    てか、時間たつと勝手に再開しちゃいますしねw
    ここでは飲食OKみたいなので軽くメシることオススメです。
    ボクは栄養ドリンクだけだったのでお腹空いちゃいました。。。
    次回は栄養ゼリー的なものを持っていくつもりです。
  • アンケート
    これはmba.comでちゃんとアンケートにこたえていれば、さほど重くないです。
    確認程度でOKでした。
そして最後に試験会場についても。
  • 場所
    麹町駅からすぐなので迷うこともナッシング。
    セブンやエクセルシオールもあって、忘れ物や早めに行くのも問題なし。
  • ロッカー
    ロッカーも荷物が十分に入りますね。
    IELTSの盗まれてるんじゃないか感が無くて超安心w
  • 試験会場
    思っていたより小さかったですね。
    けど、キレイだったし何も問題ないです。
  • 試験部屋
    試験部屋のイスやデスクトップPCもこぎれいで心地よかったです。
    ちなみにPCのキーボードは英語配列なので要注意。
といった感じでしょうか。
意外と良かったですね、試験環境。
次回はよりスムーズに受けれる気がします。

というわけで、長々と書いた超自分用振返り+メモ。
今日の結果を加味して、今日中にリカバリープランを立てるつもりです。
まぁ、どちらにしても100点Up/月くらいの勢いが必要だな。。。
投資も検討しつつ、じっくり作り上げたいと思います。

では。

/* あと、身分証はパスポートなんで忘れないで! */

2010年8月29日日曜日

振返り(8/23~8/29)

どーも。

やばい、やばいよ、GMAT。
試しにPREPやってみたけど・・・400点以下という大惨事。
オレ・・・こんなダメな子だったんだ。。。
と、かなり凹んだ週末です。
が、色々とあって凹み続けることができねー。
というわけで、さくっと振返って明日のGMAT本番に備えたいと思います。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(29.5h)
      これ、猛反省ですね。
      ちょっとだらけてしまってたかもです。
      まぁ、それも明日のGMATで・・・。
    • IELTS
      とりあえず、Readingの復習だけです。
      今週はほぼほぼGMATだったんで、来週から復活したい。
    • GMAT
      • OG
        • Quantitative
          2週目ほぼ完了で85%程度の出来ですね。
          が、ここは100%いかなきゃ満足できないのです。。。
        • SC、CR
          2週目は1/3程度終えましたが微妙です。
          50%を下回っちゃってます・・・壊滅的。
        • AWA、RC
          これらはちょっとだけ。
          AWAはArgumentに慣れないですね。
          逆にIssueはIELTSとまったく同じ感じ。
          RCは・・・練習量が圧倒的に不足している。。。
      • GMAT PREP
        初めてのPREPです。
        が、400点を下回ってしまいました・・・。
        原因はVerbalの集中力不足とQuantitativeの甘さ。
        まだまだ難問に答えられないし、適度な時間配分がムズイ。
        うーん。
    • その他
      • イベント
        詳細はココで。
      • 出願関連
        とりあえず、推薦状の準備は後回しにすることに。
        というわけで、エッセイ突入となりました。。。
  • 今週の反省
    だるだるな自分に超反省。
    ちょっとGMATの出来なさに心折れたのも原因ですが。。。
    GMATは追い上げが必要なんで、明日にでもリカバリープランを作ります。。。
  • 来週のToDo
    • IELTS
      6Practiceの3週目をしようかと思ってます。
      それとWritingを作って英会話もガシガシ再開していかなきゃ。
    • GMAT
      まずは、本番。
      そしてリカバリープラン。
      その後はプランにそって勉強を進めていこうかな。
      とりあえず、RCとCRはDailyでこなす感じで作っていこうかと。
    • 出願書類関連
      エッセイ講座2本、カウンセリング1本行ってきます。
      あとは、まぁエッセイのお題やデバリエ本でも読みますか。
といった感じですかね。

いやー、出願は想像以上に押してますね。
スコアメイクもキツイし、エッセイ開始も早め。
なかなか計画通りにいかないものです。

まぁ、でもやるしかないんで来週も頑張ります。
まずはGMAT本試験!

では。

2010年8月25日水曜日

MBA留学セミナーに行ってきた(Lancaster MBA Holder編)

ども。

今日は仕事を超早く切り上げて、BEOのMBA留学セミナーに参加。
前回はかなり微妙だったのですが、今回は志望度高しなLancaster。
おまけに今回のホルダーさんは外資系企業の社長さん。
というわけで、事前の期待度はかなり高かったです!

そんなイベントに参加した感想ですが・・・かなり良かった!って感じです。
前々回に勝るとも劣らない内容で、やっぱMBA行きてぇって再認識。
そんな思いを忘れないうちにメモってみる。
  • Lancasterの魅力
    • 費用対効果
      FTランキングの上位で圧倒的に費用が安い(当時£20K以下)。
    • Practical
      タームごとにコンサルプロジェクトがあって即実践に使える。
      また、ターム終了後にタームの復習テストがあって超復習必須。
    • 就職
      ランキングでは就職も加味されるらしい。
      なので、就職に向けたサポートが超手厚い。
    • 第1タームの忙しさ
      ほぼ睡眠時間は3~4時間で勉強しまくる。
      • 9:00-18:00
        授業がギッシリ。
      • 18:00-23:00
        だいたいグループワーク。
      • 23:00-深夜/明け方
        授業のアサインメントやら、グループワークタスクやら。
  • MBAの出願で大事なこと
    • ダイバシティー
      人種、国籍、経歴、今後のキャリア等を加味して合否が出される。
    • プラン
      なので、きちんと現在⇒未来の自分を分析すること。
      そしてプランを作って行くこと(現時点でのね)。
    • プロセス
      MBAの受験プロセスは超苦しいけど、それも含めてMBA。
      そもそもそれがクリアできないようじゃ、MBAでサバイブできない。
  • MBAの価値
    • MBAはフレームワーク
      共通のビジネス言語としてMBA知識を使うことで円滑に話が進む。
      実際この方はそれが無く、前職では悔しい思いをしたらしい。
    • MBAは経営を一括で学ぶ
      人事、企画、会計など確かに会社でも学べる。
      けど、それでは遅すぎで、全部学ぶのに定年までかかっちゃう。
      それを1年で詰め込んでマスターさせてしまうのがMBA。
  • その他
    • AACSB
      USの認証期間で、2年のカリキュラムを適切に実施しているという意味。
      つまり、UKの場合はそれを1年でやってるので・・・インテンシブ。
    • EAP(English Academic for Purpose)
      いわゆるPre-MBA的な位置づけで、絶対受けた方が良いらしい。
      他のコースを取っている人も参加しているので、仲良しが出来る。
    • 外資はホルダー多し
      前職のDirector以上は全てホルダーらしいです。
      なので、そういうポジションにいくにはホルダーになる必要アリ。
      理由はさっきいったフレームワークの理解のため。
    • 点数足りなかった・・・
      そうです(GMATもTOEFLも)。
      なので、キャンパスビジット+経歴で勝ち取ったとのこと。
といった感じです。

面白かったなぁ、本当に。
実際の経験やスクール紹介まで、ぜーんぶためになったって感じ。
やっぱりMBA行きたい!って思わせるイベントでした。
また機会があったら参加してみようっと!

では。

2010年8月22日日曜日

振返り(8/16~8/22)

いや、疲れましたねIELTS。
今回も卒業できないこと確定という・・・。
ちょっとマジへこみしたいところだけど、GMAT受験が許してくれない(泣
というわけで、今日は疲れたし振返って飲んで寝ますw
じゃ、いつもの反省いってみます。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(29.5h)
      まぁ、自粛+体調不良があったのでこんなもの。
      それにIELTSテストで週末の半分はもってかれたし。
    • IELTS
      とりあえず、ほぼほぼ6Practice Testの復習も終わり。
      もうやる参考書ないずらよ・・・。
    • GMAT
      OGは1周終了。
      それとDiagnostic Testの2周目も終了。
      CRとSCがGMATらしくとけるようになってきたのは良いですな。
      正解の確率は・・・ですが。
      加えてRCもやっとります。
      こちらは・・・です。
    • 出願関連
      いろいろ考えたけど推薦状はまだ早いかもという結論。
      とりあえずそこをまとめてエージェントに聞いてる途中です。
      あとは本命4校に加えて2~3校追加の可能性を探ってます。
      いまんとこCambridgeとCranfieldがよさげで、あとは・・・Strathclyde?
      まぁ、BEOを有効活用してみましょうかってだけの話。
  • 今週の反省
    体調崩しちゃいかんずら。
    朝は辛くてもキツくても絶対起きなきゃですね。
    とにかく全力で受験に取り組むべし(あれっ、仕事・・・)。
  • 来週のToDo
    • IELTS
      とりあえず、残っている6Practiceの復習とWriting1回くらい。
      あとはListening問題をどうするべきか調査かな。
      フリーでいい素材がたくさんあれば、毎日1セットくらいやりたいです。
    • GMAT
      平日はOGやりまくりでいきたいと思います。
      あとはWlimitsまとめメモも再度復習が必要。
      AWAはAGOS本で再度ポイントを読む。
      RCも攻略法から再度確認しつつ問題をこなしていこう。
      休日はGMAT Prepをやって感覚をつかめるようにしよう。
      試験は再来週の月曜にしたので平日も無理がきく。
      土日だって早起きすれば何とかなる。
      というこで、色々やるっていう勢いで。
    • 出願関連
      とりあえず再度Brochureでも眺めましょうかね。
      Cranfieldは登録制がウザイのでどっかに落ちてないかな?
      こっちは軽い感じのスタンスで調査してみよう。
といった感じ。

それにしてもIELTS・・・全然出来ない。
というか英語がわからない。
結構コストかけてるのに・・・。

そしてGMAT。
2週目なのでまわすスピードは2倍にはなったものの正解率がねぇ。
なんだろう、自分の頭の悪さに愕然としますね。

とまぁ、やっぱへこむし、顔色だって悪くなるし、胃だって痛くもなる今日この頃。
そうはいっても、やっぱり止めることはできないんですよね。
どうしてもMBAに行ってみたいし、その先にあるものを経験してみたい。

というわけでして、ややへこみですが来週も頑張ります。
そして今週末がIELTS試験だったみなさん、お疲れしたー。

では。

先輩達の応援歌が心に沁みる件

どーも。

MBA受験をしていると落ち込むことが多いんじゃないかと思います。
特に以下のような人は・・・。
  • MBAホルダーが周りにいない受験生
  • 会社に内緒で準備している受験生
  • 必要なスコアが全然でない受験生
  • 金銭的に準備に制限がかかってしまう受験生
なんにせよ、とにかく落ち込みますよね。
この情報過多の時代であっても、現役MBA受験生かつBloggerなんて数えるほど。
おまけにイレギュラーなバックグラウンドの人なんてさらに・・・。

というわけで、こんな環境だけど頑張ってる人は先輩のBlogが頼りだったりします。
前にも書いたけどボクはこの2つの応援歌が大好きです。
class of 2012 1st round合格発表&受験生への応援歌(from Yo's book)
受験生への応援歌(from 在校生によるKelloggライフBlog)

本当に本当に励まされていて、ツライ時は携帯からいつも見て涙ためてます。
そしてその後は"あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・?"って気持ちでいっぱい。
また気持ちが上がっていくみたいな。

そんなわけでして、気持ちが落ちてしまっている人は上記のBlog読むのオススメ。
特に頼れる人や弱音を吐ける人が少ない方は読んでみるといいかと。

さて、ボクも今日は読んで元気をもらったので、明日のテスト向けてそろそろ寝ます。
では。

2010年8月21日土曜日

GMATの出来なさ加減(OG1周目)

どーも。

今日のIELTSテストはいつもの通り絶望レベル。
けど、落ち込んでる余裕もないのでOGってきました。

そのOGですが1周目終わったって記事を書きました。
そして全然出来ないってことも・・・。
その出来なさ加減をちょっと数値化してみました。
数値化すると見えてくるものもあるかなーと思いまして。

では、その数値化した各パートの出来はコレだ(RC&AWA除く)!
  • Diagnostic Test
    • PS: 41%
    • DS: 25%
    • CR: 23%
    • SC:  5%
  • Sample Question
    • PS: 68%
    • DS: 47%
    • CR: 19%
    • SC: 27%
Diagnostic TestはAGOS本を読んだ直後にやった感じですね。
まぁ、AGOS本を読んでも半分も身についてなかったからこんなもんですかね。
それにしてもSCの5%が輝いていますね(1問しか出来なかったのだ)。

続いて本編のSample Question。
PS, DS, SCの出来が上がってるっていうのは感覚がつかめて来た証拠。
逆にCRが下がってるのはつかみきれてない証拠。
でも、PSとか低いなぁ・・・。

とりあえず、2週目に関しては間違ったところをメインにカバーしていく予定。
特にPSとDSあたりはミスを確実につぶしていこう。
SCはやっとSCらしい思考が出来つつあるので、引き続きSCらしさを育む予定。
CRに関してはCR思考を作りこむ(SCレベル)ことが最優先かな。
というわけで、どうやらGMAT KINGとかいってるレベルじゃないね>オレ。

これが英語超苦手な純ドメ元ダメ院生の実力なんでしょーね。
まぁ嘆いても仕方ない。
こんな気分の時はいっつもこの記事見て涙ためて心新たに頑張ってる次第です。

というわけで、現状なんてこんなもんです。
でも、GMAT、絶対合格ラインまであげてやるっ。
"最後までやりきる、と決めて逃げずに、戦い続けるだけだ。"ということで。

では。

2010年8月20日金曜日

OG1周目終了(制限付)

どーも。

相変わらず調子悪いっす。
このままでは週末のIELTSピンチ過ぎる。。。
なので、週末に向けてよく休むようにしようっと。

それは置いといて。

OG1周目がやっと終了しましたー(ただしRCとAWAやってないけど)。
いやー、約2週間ほど予定より押しちゃいましたね。
理由はなんといっても自信の英語力の低さですね。
GMATの文章や単語って超難しくて、IELTSのRが6.5~7.0だとキツイっぽい
といっても、QuantitativeやSCに関してはやればやるほど理解が進みますね。
問題はCR(たぶんRCも)で、論理を考える前に意味がわかんないからね・・・。
うーん。。。

まぁ、といってもまだまだ1周目。
次の2週目からが本番だと思っていて、そこで問題解きまくって体で覚える予定。
そういえばTOEICの点を約2倍にした時も問題集を5回以上やった気が。。。
反復練習最強!

だけど・・・"それでも出来ない!"ってなったら、その時はYESに行こうかなぁ。
まずはやれることが大いにあるので、そこを終えてからちょっと考えてみよう。

それとAWAに関してはちょっと通信講座を受けるかも。
IELTSのWと同様にやっぱ1回は受けとくべきでしょということで。

あとはGMAT KING
どーしよっかなー。
まぁ、とりあえずはGMAT Prepで様子見かな。
ネットブックじゃ全部表示できないっぽいので、ちょっと環境整える必要もあるし。
引き続き検討ということで。

こんな感じのGMATです。
なんとかGMATの点数欲しいけど、その前にIELTS・・・点数欲しいぜ!
頑張ろう。

では。

2010年8月18日水曜日

海外就職の厳しさ+就活マニュアル

ども。

相変わらずIELTS厳しい今日この頃。
おまけにGMATもキツい状態。

こんな状態になると、どうしても何かに頼りたくなる。
GMAT塾・IELTS個別レッスン・受験カウンセリング・・・。
でも、結局何に頼っても最後は自分自身しか頼りにならんのよね。
あきらめない決意だったり、へこたれずに隙間時間で勉強とかとか。

この考えってどうやら海外就活にも当てはまるよう。
というわけで、今回は海外就職の厳しさ+就活マニュアルを紹介。

記事はKellogライフBlogのココらへん参照。

うん、まず分析のボリュームに圧倒されます。
執筆者の方も書かれていますがプリントアウト推奨ですw

記事をざっくりサマライズすると、"気合入れてガチに就活せよ"という話。
読めばわかるけど、異なる文化+言語の壁+アウェーで就活するんだよね。
だからこそ早期から戦略的に動かなきゃいけない。
生半可に"海外MBA取るしチャンスがあれば海外就職"・・・それはありえない

あー、なんかういうノリって就活を思い出す。
あの頃もどうしても"見晴らしの良い場所"に行きたくて早くから頑張ってた。
学歴や能力で劣る部分を補うために気合と根性で。

まぁ、私費かつ非MBA的バックグラウンドなんで、同じノリが必要なんだろうな。
まだまだ先の話かもしれないけど、忘れないようにメモっておこう。
そんな記事でした。

では。

/* これってこうすればMBAでも同じノリで書いていた人いた気が。
  * 同じ人ってことかもね。
  */

2010年8月16日月曜日

振返り(8/9~8/15)

どーも。

短いお盆休み終了のお知らせです。
と、ともに次週からテスト週間(IELTS+GMAT)。
GMATに力を入れててIELTSが微妙だけど・・・やるしかない。
というわけで、お盆休み中の実績を振返り。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(29h)
      会社の会議室や実家でやってみたものの積めず。
      やっぱ自習室にこもるのが最強と再認識。
    • IELTS
      あまり、力を入れ切れてないなぁ。
      不安すぎてちょっと泣きそう・・・。
      少なくともManchesterの6.5(各6.0以上)欲しい。。。
    • GMAT
      OGがほぼ終了ー(2問ほど残ったけど・・・)。
      なので、次なる展開を考えなきゃ。
      ちなみに出来は最悪。
      特にCRは単語がわからんので問題解くにいたらないです。
      SCも微妙にわからんけど、パターンがあるのが救いか。。。
    • 出願関連
      とりあえず推薦状に目を通した。
      各校でそれぞれ推薦状用紙が違うんですね(内容も)。
      でも、共通の推薦状もありみたいなのでちょっとホッとした。
      もうちょっと疑問点をまとめてBEOにでも聞いてみようかな。
      書くのはもうチョット先かな。
  • 今週の反省
    まぁまぁというとこかな、内容的には。
    というより、結果が見えないのが一番ツライ。。。
  • 来週のToDo
    • IELTS
      来週末は勝負のIELTSテスト!
      というわけで、IELTS週間として、朝も夜もIELTS漬けにします。
      とりあえず、Writing1本とLとRを再度やる・・・くらいしか出来ないな。
      後はいつもどおり地道に3800とListeningか。
      もう打つ手なし状態がキツイ。
    • GMAT
      こちらはOGの残りを片付ける。
      それとAGOS本を1週間で流し読みかな(昼休みとか使って)。
      とにかく来週はIELTS週間だし。
    • その他
      以下の調べ物を少しやりたいな。
      • OGの模試をPCでやりたい!
        Prep, GMAT KING, 浜口塾のやつくらい?
      • AWA対策講座について
        さすがに無勉はまずいでしょう。。。
      • 志望校追加について
        今の現実路線の4校に加えて、ちょっと上のレベルを探そう。
        どっちにしろ4校は少ないし、せっかくのBEOを利用したいし。
といったところでしょうか。

今日はちょっと色々頑張ったので疲れました。
色々書きたいこともあるんだけど、眠いからこのへんで。

では。

2010年8月9日月曜日

振返り(8/2~8/8)

どーも。

腰痛が地味に再発中。
やっぱり調子にのってクソ重い荷物を持ち歩いたのがNG。
気をつけなきゃいかんですね。。。

それにしても今週は公私にわたって色々ありました。
精神的にもキツく、今週は朝勉はほぼ全休。
そして土曜も全休という感じ。

まぁ、そんなときもあるよね。
と、軽い感じで振返りいってみます。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(30.0h)
      朝くじけても夜でリカバリー(2hくらい)するようにしました。
      それと往復2hの電車時間を有効活用。
      加えて昼休みはたっぷり確保してIELTSを1h。
      というわけで、地味に積んでこんな感じ。
    • GMAT
      OGはQuantitativeのみ完了しました。
      あとはCRとSCが30問程度なので、次週で終わるかな。
      それにしてもOGのDSの出来が急落中。
      問題の読みが甘いのが原因なので気をつけよう・・・。
    • IELTS
      地味にListeningとReadingを継続中。
      来週はWritingを2セットくらい出来ればいいなぁ。
    • 出願関連
      推薦状に関してはエージェントと連絡をとりました。
      またしても微妙な点があるけど、許容範囲なので許します。
      てか、自分で確認させるためにわざとしてるのか!?
      まぁ、なんにせよ嫌いじゃないですし、必要ですよね、自己確認。
  • 今週の反省
    うーん、GMATもIELTSも予定通りいかないなぁ。。。
    残業なしの方針で頑張ってるんですけど、まだまだなんすかね。
    それと今週は色々あったけど、一応はばっちり休んだんで来週は頑張る。
  • 来週のToDo
    • GMAT
      OGをやりきる(ただしRCとAWA除く)。
      逆に週末はAWAに時間を少し割きたいです。
    • IELTS
      引き続き6 Practice+IELTS 7+Writing。
      やっぱり出来が悪くて凄く不安です。。。
      欧州はGMATには甘いけど英語力には厳しいので気をつけなきゃ。
    • 書類関連
      とりあえず、推薦状関連に目を通そう。
      それとエッセイについてもエージェントが展開してくれた。
      予想通りManchesterが最も重い・・・。
      今週はお盆なので実家に帰る電車の中でチェックしますか。。。
    • その他
      というわけで、ちょっとだけ実家に帰ります。
      と共に、来年会社辞めるわ!って言ってきます。
      もしかしたら保証人になってもらうかもなので、真剣に説明予定。
といった感じ。
まぁ、色々あったけど最低限は勉強できたかな。

それにしても最近はGMATやってる人を多く見かけます(電車&某所)。
MBA目指している人多いんだなーとか、やっぱ某所の受験生率高すぎとかとか。
負けてらんないなー。

というわけで、来週は復活したので頑張れるはず。
では。

2010年8月5日木曜日

キツイ・・・

ども。

昨日は担当のエージェントさんに出願校の件を伝えてみました。
と共に、これ以下のスクールには行く気がありませんとも。
あー、これで4校受かることをメインにサポートしてもらわなきゃ。。。
完全に退路が立たれた件。

話し変わって、最近かなりキツイです。
今日はそんな弱音をメモって残してみる。

最近本当にキツイ。
そしてその主な原因はMBA受験(もち会社の状況もあるけど)。
元がおバカなせいか勉強にかけてるコストに対してリターンが低い。。。

例えば先月の勉強時間は過去最高(書類作成+調査除く)。
平日:早朝自習室+往復通勤電車内+昼休憩中+退社後カフェ+家...etc
休日:一日自習室...etc
・・・一応は仕事以外は全てつぎ込んでるんだけど・・・全く成長を感じない。
しかも勉強に押されて勤務時間が少なくなって収入が・・・。
ツライ。

勉強内容だってそう。
IELTS: 毎日Listening/Readingを1hやってるけど・・・出来が悪い。
単語: いつまでたっても覚えられない。
GMAT: やっとPSが70%でDSが50%程度で、Verbalは壊滅的な25%程度。
なんだろう、やらなきゃ不安だし、やれば出来なくて不安。
でも、結局やらないと進まないので心で泣きつつやる毎日・・・。
ツライ。

それと捌け口。
ボクは私費で隠れ受験者なので当然社内では公言できない。
といっても、信頼できる先輩とは少し話してるけど状況をシェアとまではいかない。
なんつーか、このBlogが唯一の自己満足の捌け口・・・。
ツライ。

ほんと、このままでMBAとか行けるのかな?
後半年、この精神状態(てか、さらに悪化?)でやってけるだろうか?
そもそも受かったところでドロップアウトせずにいける?

いつものように不安でいっぱい。
軽く、いや、実際に押しつぶされそう。

けど、さっき書いたようにやるしかないんだよね、ほんと。
ほんとツライんだけど、でもその先に進めないことのほうがもっとツライはず。
だから凹んだときはスクールのパンフや受験者Blogで勇気をもらう。

あー、やっぱみんな苦しいんだ!
あー、やっぱMBAの授業は楽しいんだ!
あー、やっぱMBA進学という選択は間違ってないんだ!
そんな単純な感覚でさえ今の自分にとっては癒しだったり。

だからきっとこのつまんないBlogだって誰かの役に立つはず。
どんだけ辛くて、どんだけもがいて、どんだけあきらめて...etc
もちろんMBA受験が成功したらの話だけどw

というわけで、弱音メモでした

さ、明日こそ早起きしよう。
精神衛生上よろしくないし、なによりGMATを1問でも多くこなしたい。
単語だって1つでも多く覚えたい。
1分1秒だって多くの知識を吸収したい。

そんなわけでして今日は寝ます。
では。

2010年8月4日水曜日

出願校を決定(イギリス編)

ども。

今日は英会話のために早く帰ってきたのにネットワークトラブル発生。
うーん、やっぱ海外のネットワークはチープなのだろうか・・・。

というわけで、まとまった時間もないので最近決めた出願校をメモってみる。
一応イギリスはこれでいってみようと思ってます。
  • Lancaster
    やっぱり大好きLancaster。
    PracticalかつIntensiveなコースは絶対鍛えられるはず(心も体も)。
    Projectの多さはやっぱいいよねー。
  • Manchester
    ここもPracticalかつコースの構成が良いですね。
    唯一不安だった費用面も意外とカバーできそうな予感。
    というわけで、ここも受ける!
  • Warwick
    ここもかなりPractical。
    名門のスクールとのExchange Programもあってかなり良い。
    受けるしかないっ!
  • Edinburgh
    ここは大学が超名門(B-Schoolはそこまで・・・)。
    バランスの取れたダイバシティーと素敵な街に引かれて決意。
    InternationalにアプライしてExchange Programを取る事検討中。
という4校になりそうです。

それと、今のところは他のEU、US、ASIAは受ける予定無し。

現在の成績ではどれも満たしてないけど、これでエージェントにお願いします。
もう退路を断つしかないよね?

というわけで、決まったし書類作成もガシガシ進めていかなきゃ!
そろそろ推薦状とエッセイブレスト始めなきゃね。

では。

2010年8月2日月曜日

振返り(7/26~8/01)

どーも。

腰痛・・・ほんと辛いです。
今日は腰痛が酷かったせいもあり、午前中は某所でほぼぐったり。
午後は回復したので、異常なほど姿勢良くお勉強を続けました。。。
まぁ、そんなこんなで今週も振返ってみます。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(35.5h)
      コンスタントに電車+昼休憩+会社帰りにできたからね。
      あとは朝寝坊だけが問題です・・・早寝しなきゃ。
    • 内容
      • IELTS
        6 Practiceの2回目+IELTS 7のLを再度まわしてます。
        うーん、全然英語力が上がっている気がしないっす。
        問題はケアレスミスしやすい性格と単語力か。
        ・・・気をつける&暗記に力いれます。。。
      • GMAT
        うーん、進捗が悪いし出来もわるい。
        PS, DS, SCは50問ずつ程度残ってる(負荷:軽め)。
        CRは30問程度残ってる(負荷:重め)。
        とりあえずお盆までに絶対に終えなきゃいけませんな。
      • 出願関連
        推薦状は地味に調査中。
        一応はまとまってきたので、今週に一度相談する予定。
        それとエッセイ開始の時期とかもついでに聞いてみるか。
      • イベント
        イベントはココにある通り。
        やっぱMBAホルダーさんは自信に溢れててステキだなぁ。
        自分もああなりたいなぁ。
    • 今週の反省
      えっと、勉強はそこそこ積んでますが内容がね・・・。
      GMATはもう少しまわしたいんだけど、なかなかコストが減らない。
      2週目の速度改善に期待。
      それと受験とは関係ないけど、勤怠が乱れすぎでした・・・。
      あまりにも仕事が暇+無意味+腐りすぎてやっちゃいました。
      もう大人なんだから来週からしっかりします。。。
    • 来週のToDo
      • IELTS
        引き続きIELTS 7と6 Practiceかな。
        後は地味に3800をひたすら回していくこと・・・。
        それとネットでフリーの教材探してWritingもやらなきゃ。
        勝負のIELTSも近いし、ひたすら頑張る!
      • GMAT
        こっちは引き続き、早朝メインで頑張っていこう。
        とにかく重いSCやCRを1週して、2週目でその他を補強です。
        汚いけど解答ノートも作ってるし、なんとかなるっしょ!
      •  書類関連
        とりあえず、エージェントさんにメール送ること。
        GSCには推薦状とエッセイの開始期間。
        それとスクールとのコンタクトについて(問題ない?)。
        BEOにはEdinburghのInternational MBAについて。
といった感じです。

別に意識したわけじゃないけど、今月の勉強時間は過去最高だった。
でも、学力の伸びの実感はもっと勉強時間がすくなかった時のほうがあるなぁ。
やっぱり自分の伸びの停滞期(もしくは限界)にきてるのかもしれない。
うーん・・・キツイ。
精神的にも肉体的にもキツイけど、MBAに行けないのはもっとキツイ。
なので、引き続き頑張りますです。

では。

2010年8月1日日曜日

MBA留学セミナーに行ってきた(Bradford MBA Holder編)

どーも。

OGを毎日持って長時間通勤してたら腰痛になりました。。。
座ってると結構痛くて勉強はもちろん仕事も(チョットだけ)辛いです。

そんな腰痛の中、いってきましたBEOのMBA留学セミナー。
この前行ったのは大学院留学セミナーだったけど、今回はMBAに特化。
前回のホルダーさんのプレゼンもスタイリッシュだっただけに期待大。

で、行ってきた感想としては・・・微妙
ホルダーさんがちょとイレギュラーな人でイメージと違ってたんですね。
それとBEOの微妙な宣伝がダメダメでした。
ですが、一応内容をメモっておく。

ホルダーさんは大手製薬会社 ⇒ Bradford MBA ⇒ J&Jといった経歴。
J&Jといえばかなり良い会社ですよねー。
なので、当然MBAの経歴を有効活用した?と思ったけど、ちょっと違うみたい。
というのも、この方が生徒のときは金融危機まっさかり。
当然求人なんて無くて、キャリアフォーラムもひどかったそうな。
なので、入学直後から動きまくって年明けに職を確保してしまったらしい。
つまり、この方の場合はMBAというより自身の経歴で勝負だったみたい。
もちろん就職後にMBAを活用しているという意味では大成功。
でも、ちょっと一般的ではなかったかなぁ。

その他の話に関しては普通な内容だったと思います。
初めは辛いし、試験は長いエッセイ書かされて厳しいなどなど。
面白かったのは英語話せる人でもエッセイを書くのは厳しいらしい。

まぁ、そんな感じ。

で、BEOのGDコースの紹介ですが・・・微妙すぎますね。
なので、ちょっとメモっておく。
  • IELTSやGMATの扱い
    GDコースは試験対策ではなく、講義の取り方を勉強します。
    なので、IELTSやGMAT対策は行いません。
    ですが・・・多くのスクールではGMATがほぼ必須なのです。
    つまり、多くのスクールにはGDではアプライできませんということ。
    実際にスクールをみても、多くのスクールは対象校になってません。
  • GDの期間
    GDには長期コースと短期コースがあります。
    長期コースに関しては半年かけて夏からお勉強するみたいです。
    でも、普通のアプリカントなら夏とか勝負の時期ってわかってますよね?
    なので、今さら心折れてGDを申し込む人いないのでは・・・高いし。
    また、短期のコースは仕事を辞めて4ヶ月程度授業を受けます。
    確かに良いんだけど、それだけ集中するなら受験が出来てしまいそうw
  • コスト
    コスト比較でGDコースは大学のスクールより優れているとの宣伝。
    けど、よく見ると・・・日本での生活費が換算されてないやん。
    海外のコストには含まれているのに・・・。
といった感じです。

まぁ、要するにキチンとMBAを考えているアプリカントにはGD不要ということで。

うーん、今回は失敗だったなぁ。。。
次回のセミナーはもっと気をつけて行こう、時間の無駄にしたくないし。

では。

/* ちょと補足。
  * GDコースはMBA受験には向いてないけど、MBA準備としては良いと思う。
  * きちんと授業に対する準備が出来るから、もし安ければ絶対受けたい。
  * GDコースを取った人は、みんな外人に負ける気しねぇ!って言ってたし。
  * お金があれば・・・。
  */