2010年12月20日月曜日

振返り(12/13~12/19)

お疲れっす。

今週は先週の疲れを完全に引きずってしまいました。
月火と死んでしまいましたし、土日もイマイチな勉強でした。。。
ダメですね、こんなんじゃ受かりませんて
と考えて、ちょっとリカバリープラン立てました。
まぁ、単純に再度自分の手持ちの駒を確認しただけですが。

そんな反省も含めて振返ってみようかと。
  • 今週やったこと
    • 勉強時間(24h)
      少なっ!
      やはり月火のお休みと、土日1日分しかやらなかったのがイタイ。
      反省、猛反省です。
    • GMAT
      • Math
        1PREPなんとかしましたが・・・47でした。
        やはり2週間近くのブランクで慣れがなくなってました。
        ランクリ+焦りからのケアレスが多発でした。。。
      • SC
        YESの復習は終わりました。
        あとは教材の復習をしています。
        教材は前3回の結果と合わせて、分析もするようにしました。
        これは次回以降のSCへのコストを下げるため。
      • CR
        とりあえず、Manhattan GMATのCRだんです。
        なかなか良かったですよ、Manhattan。
        今度はそのTipsをものにするためのOGですかね。
      • RC
        これはあんまり進まなかった。
        というか、7分でって考えたときに、なかなか上手く解けない。
        ので、Manhattan GMATのRCも買っちゃいました。
        なんとかせねば!
      • その他
        AWA対策し忘れ+PREPれませんでした・・・。
    • 出願関連
      エッセイカウンセリングに行ってきました。
      構成を変えてもらったり、追加のアドバイスをもらったり。
      やはりエッセイカウンセラーっていうのは大事だなと再認識。
      個人的には緊急時の対面+日本語+ロジカルなのは外せない。
    • その他
      英会話とNTU-WASEDAのイベントくらい。
      イベントはココに書いたとおりですね。
      まぁ、基本的にNTUとNUSはだいたい同じかな~。
      でも、NTUの方がケースが多かったりもするんですよねー。
      やはりビジットでフィット感調べたいな。
  • 今週の反省
    ちょっとだれてました・・・。
    今日はリカバリープランを立てたので、明日からまた元に戻りたい。。。
  • 来週のTo Do
    • GMAT
      • Math
        土日に1PREPですね。
        本当はもう少しやりたいけど、Verbalやりたいので・・・。
      • SC
        YESの教材×2/dayって感じですね。
        まとめに入る感じで!
        それとTipsと文法の復習。
      • CR
        Manhattanで指定されたOGの問題をやりますか。
        後はTipsの復習。
      • RC
        Manhattanをやってみよう!
        こっちも出来るようになりたいんです。。。
      • その他
        本当に本当にAWA対策の検索!
        それとVのPREP×2ですかね。
    • 出願関連
      ついに日本語エッセイの4th draftを出します。
      これでようやく英訳になる・・・長かった。
      クリアすればLancaster、Edinburghは英訳と調整のみ。
      他のスクールも45%くらいは使えるんじゃない?
      ただ、やはりMBSは別格なのでした・・・。
    • その他
      とりあえずは英会話くらいかな。
といった感じ。

そういえば先ほどTwitterで私費受験生の資金繰りについて盛り上がりました。

ポイントは2つ。

まず、1つ目はUSのコスト感。
以前USは調査したので1000万くらい?って感覚は正直持ってました。
が、実際には生活費とか考えると1200~1500万ほどかかるらしいですね・・・。
それと、もしそれだけかかるなら、300万くらい準備に使ってもいいなって思ったり。
なんにせよ、私のようなリーマンには想像つかない話です。。。

そして2つ目は資金提供先。
驚いたのは、みなさん意外と資金繰りの予定がふんわりだったこと。
私費退職組みとしては、なかなか資金が借りられないって見たんですが。。。
ただ、スクールのローンがあるのも確かなので、意外といけるのかも。
でも、これだって断られるケースもあるっぽいので、油断大敵ですね。
これがリアルギャンブラーか・・・。

そんな感じで、今週はダメダメでした。
来週からまた頑張る!という決意新たにいきましょう!

では。

4 件のコメント:

  1. お疲れさまです。

    いよいよ出願が近づいてきましたね。

    MBSが別格というのは、やはりその中ではハードルが高いということなのでしょうか。

    返信削除
  2. MBSはエッセイの質問が他より多く、かつ内容がばらけてます。
    また、字数も350文字と短めです。

    一方、他のスクールは500文字程度で、Why MBAをベースとしていますね。
    特に私の場合はWhy MBAが業界をベースに書いており、かなり他の質問にも答えやすい感じです。
    といっても、NUSのように倫理観やリーダーシップのケースを出してくるところもありますが。。。

    ちなみにFECでもMBSは色々あるよねって指摘され、MBSからやることを薦められました。
    私もWhy MBAが出来たので、次の展開を考えたいと思ってます!

    返信削除
  3. 佳境ですね!

    私費だと資金繰りはホント要注意ですよね。。僕もエクセルに日々の収入と生活費を全て打ち込んで、留学資金に向けての貯金活動をコントロールしてます。。

    米国MBAの資金源は本当に謎ですよね。。社費で行けるのはわかりますが、私費なんてありえないだろと思ってしまいます。

    その点、欧州MBAはKelloggやEmoryなんかの、米国1年コースと比較しても、学費が安いので良心的と思ってしまいます笑

    GMATも出願も頑張って下さい!

    返信削除
  4. 資金に関しては私費アプリカントのみなさんに聞いてみた経験があります。
    みなさんTOPのUSスクールを目指しており1500万かかるっていってました。。。
    ちょっと私には想像できない・・・。

    そこの皆さんが考えてたのは主に以下のパターンでしたね。

    1. スクールのローン
    TOPスクールの場合は日本人でもローン組めるらしいですね。
    ここは実績等を知りませんが、今度会ったときにでも聞いてみようかな。

    2. 日本でローン
    たしか国の教育ローンで300万貸りれます。
    ただ、私は私費が300万借りれるのかは疑ってますね。
    よって、あくまでもオプション扱い程度に考えてます。
    それと親の不動産とかをベースに借りるって話もありました。
    こっちは現実的ですね。

    3. 奨学金
    職業向け(会計士とか)の奨学金とられてる方がいました。
    あとはロータリーとかフルブライトとか狙うって話はありましたね。
    再来年の留学であればチャレンジする価値あるかも?

    というわけで、普通の人かつ私費であれば難しいですねw
    私は欧州がダメなら香港あたりも狙っていこうかなって思ってます。
    もうなんでもありかもしれません。。。

    返信削除