2010年11月30日火曜日

MBAの価値を再考(ちょっとだけ)の続き

お疲れっす。

昨日はMBAの価値について書いてみました(ココ参照)。
ざっくりいうと中堅MBAでもいいじゃん、価値は人それぞれだし!って話。

ですが、これ一応私の場合です・・・。

やはりMBAに行くようなお年頃ですと、かなりの条件が入ってきます。
  • 家族
    家族の方も満足できる環境であることが必要。
    例えば子供が安心して暮らせる環境とか。
  • 仕事
    それなりに責任あるポジションであるケースが多い。
    休職という手段をとるか、退職をして飛び立つか?
  • お金
    軽く1000万を超える費用を払う価値があると認識できるか?
    そもそも資金調達は可能か?
  • 時間
    準備期間にどれだけかけられるか?
    1年遅らせるとか、年齢的にも許容できるか?
ざっくりいうとこんなとこ?
ここら辺の条件と自分のキャリア感との折り合いをつけるのが大事なはず。

ぶっちゃけ私だってリソース(資金や時間)が許されるのであれば2年制がいい。
そしてずっとUSに憧れもあったし、どうせ行くならUS Top校でって思いもある。
やっぱりTop校と中堅では色々なチャンスの幅が圧倒的に違うと思うから。

けど、現実見ると・・・そうもいかないよね。

というわけで、自分のキャリア感と条件を踏まえて1年制の欧州を目指してます。
欧州であればUSよりも準備コストや費用が減らすことが出来ます。
もちろんダイバシティなど特徴もあって、USじゃなくても良い経験が出来そう。
しかも、Pre-MBAなんかもあって、純ドメな人向けかなぁとも思ったり。
まぁ、最近はコストや就職に有利なシンガもちょっと入ってるんですけどね。

補足をすると、そんな感じです。

なので、条件をカバーできる見通しが立ち、こだわりが強いならTopを目指すべき。
とことんやりつくすべきだと思います!

と同時に、私のようなリーマン家庭に育ったリーマンもMBA行ってもいんじゃん?
強調したかったのは、これね。

というわけで、引き続き中堅MBA目指して頑張りますw
では。

//ちなみに資金調達は本当に本当に見積もりをしっかりすべきです。
//特に私費は銀行等からは借りれないと思ったほうがいいですよー。
//って、考えるとやっぱハードル高いな・・・MBA。

0 件のコメント:

コメントを投稿