2010年11月17日水曜日

予算が厳しくなってきた・・・

お疲れっす。

今日からまた気持ち新たにGMATにチャレンジ中です。
心の中では次がラストと思っているので、その意気でスパートします。
もうクリスマスも年末年始もヒルズりますよー。

と、勉強の話だけでなく、たまにはお金の話でも。

みなさんご存知のようにMBA受験は超お金がかかります。
GMAT予備校、英会話、カウンセリング、エッセイ、試験代・・・。
社費ならまだしも私費は・・・ここでお腹いっぱいになりそうです。。。

私も私費かつIT系という薄給業界にいるわけでして、かなりつらいです。

そんな私ですが受験開始にあたって予算は見積もり済み。
GMATやIELTSは欧州系なので高いスコアは不要なので独学でOK。
エッセイが肝なので、ここだけ50万くらい使いたいなぁっていう想定。
ですが・・・発生しました、考慮漏れ

まず試験をこんなに受けることになると思ってもみませんでした・・・。
IELTSとGMATで最終的には20万くらいになりそう。。。

そして次にGMATとIELTSのスクール。
IELTSは色々合わせて10万くらい
GMATは30万くらいになるかなぁ。。。

というわけで、エッセイも合わせるとざっくり100万くらい(見積もりの2倍)・・・。
準備費用なんて費用総額の消費税程度という人もいますが・・・やっぱねぇ。
やはりMBA志願者は金融・コンサル・商社ってのはわかる気がしますね。
そして私みたいな奴はまさにギャンブラーなんでしょうね、人生の

まぁ、そんなわけでして予算もかなり圧迫しております。
特に不景気も重なったりして日々の収入も厳しい状況。
早くオファーもらって、仕事で金稼げモードにならないとキツイ・・・。
合格しても金がありませんでした!とかシャレになりませんて。。。

そんな感じで、今からMBAとか目指す人はかならず資金計画たてましょうね!
たぶん何よりも一番重要なステップですよっ!

では。

2 件のコメント:

  1. お金の話は生々しいのでコメントしようか迷いましたが、ご参考になれば。

    小さいですけど、保険関係は打ち出のこずちになりえます。
    生命保険は保障を最小限に。
    損保についても不必要なものは解約。

    これで多少のお金は作れるかもしれません。

    あと、外貨はFXだと手数料が少なくて済むようです。もちろんレバレッジはかけずに。

    あとは、作成したエッセイを使いまわしつつ国内外の奨学金にできるだけエントリーする、などでしょうか。

    抜本的解決にはなりませんが、ご参考になれば幸いです。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!
    "こうすればMBA"風にざっくりと書いてみました。

    が、資金面は本当に一番重要な課題と思います。
    欧州系を目指す人は年齢が高いし、そもそも高くもないので大丈夫だと思います。

    しかし、USを目指す人は・・・。
    特に私費で普通の職種の人はどう資金繰りをしているのか大いなる疑問です。
    教えて欲しいですねw

    ちなみに、スクールからの借金や奨学金は欧州では基本厳しいと思います。
    したがって、奨学金を申し込むようでしたら、夏までにエッセイを仕上げることをオススメします。
    ロータリーのがオススメらしいですね!

    では。

    返信削除