2010年10月23日土曜日

志望校を追加(シンガポール編)

MBA受験、お疲れ様です!

さて、ここ最近ずっと頭の中でもやっとしていた志望校選び。
原因はWarwickでの職歴不足指摘。
というわけで、Warwickは優先度激落ち

といいましても、さすがに3校は少ない。
やっぱり7校程度受ける方が多いし、なによりサポート契約(4校)未満
これはもったいないですよねぇ・・・。
というわけで、まずは4校をFixさせるべくスクール調査再開。
StrathclydeやDurhamも悪くないですが、それはまぁ最後ということで。

そこで目をつけたのがシンガポール。
元々MOT志望からMBAに変えた経緯もあり、NTUとか違和感は少ない。
でも、シンガポールはNTUとNUSくらい&違いがよくわからない。。。
ですが、もう時間がないのでわからないなりに差分など調べてみましたよ。
  • 共通点
    • コストが安い
    • 就職のチャンスがある
    • 日本人を欲しがっている
  • NTU
    • Good
      • 技術系(MIT Sloanの協力でできたらしい)
      • FTランキングで上位
      • ケースの割合が大きい
      • SpecializationでTechnologyあり
    • Bad
      • 1st Roundが12月末・・・
      • エッセイが多め
  • NUS
    • Good
      • MBAとして歴史が古い
      • 校舎が新しい
      • Specializationが魅力的
      • エッセイがケース2本のみ
    • Bad
      • FTのランク外
      • ダイバシティー低め(NTUと比べて)
調査結果としてはこれくらいです。
スクールの魅力としては、正直言って差はないなぁっていう感想。
どっちもどっちですね、良い意味で。

まぁ、私自身バックグラウンドはTechnologyですからNTUかなと思います。
それに加えてエッセイもNTUの方がサポートされがいがありそうです。
NUSに関してはケースなので、これはもう・・・自分でやってみようかと。

はい、そういうことで結論としては両方に出願するつもりです!
ですが、サポート契約ではNTU、自前でNUSになりそうです。
余裕あればですが。

でも、なによりその前にGMATですよね・・・。
明日は久々にPREPろうと思いますので、最悪でも500越えはしたいです。。。

さぁ、引き続き頑張りましょう!
では。

0 件のコメント:

コメントを投稿