2010年9月6日月曜日

IELTS対策(9月編)

ども。

ものすごい結果をとってしまった前回を踏まえて、ちょっと対策を考えてみました。
改めて考えてみると、やっぱ試験慣れしすぎてたのかなって思います。
例えばWだってなんとなーく出来るし、LだってPart1&2はほぼバッチリ。
Sだって初めに比べれば全然しゃべれるし聞けるし・・・。

けど、そんな慢心がこの結果

というわけで、ちょっと初心にかえった対策を考えてみた。
もちろんGMATの勉強を崩さぬように・・・。
  • Listening
    これはイギリス英語が聞けてないことがでかい。
    というわけで、まずはBBCのPodcastを毎日聞くことにしました。
    通勤時にやってるコレもいいんだけど、内容がアメリカンだから。。。
    あとは知らない単語は聞こえないねということで、引き続き単語。
    それにしても単語覚えらんねー(泣
  • Reading
    Rは逆に減らしていこうかなって思います(問題やりつくしたし)。
    週2程度で軽めに調整で。
  • Writing
    これは反省要素大の箇所ですね。
    さほど力を入れられないですが、週2程度は書いていきたいと思います。
    時間は50分(Task1が15分のTask2が35分で)。
    それと、模範解答を毎日じっくりと見ていこうと思います。
    どうも自分の下手な回答しかここ2ヶ月以上は見てませんでしたからね。
    やっぱ、良いものを見るって基本だと思います。
    --
    それに加えて、もう一度何が評価対象なのか調査しました。
    すると、CambridgeのESOLの人の談話を又聞きできましたw
    要約すると、以下のポイントをつかめば6.0は最低保証されるらしい。
    • 字数
      Task1: 160~180がベスト
      Task2: 260~280がベスト
    • 構成
      Task1: パラグラフは3~4つ
      Task2: パラグラフは4~5つ
      パラグラフの間は1行空ける
    ・・・そうか、1行空けるのか(確かにIELTS7とか空けてるし)。
    それと字数はやっぱ頑張らなきゃいかんね。
  • Speaking
    これは今度からしゃべりまくってみようと思います。
    どうも良きにオーガナイズするよりも、量が勝る可能性がありそう。
    というわけで、練習の際よりリダンダントを恐れずに何か発言する。
    そんなスタンスで引き続きSkype英会話を週4程度。
というわけで、全く伸びないIELTS。
多くの人はGMATのことをぼろくそ言いますが、個人的にはIELTSになりそう。
もう、本っっ当に早くIELTS卒業したい(高いし)。

というわけで、引き続きがんばりまーす。。。
では。

0 件のコメント:

コメントを投稿