2010年8月30日月曜日

SI-UKに再登録しに行ってきた

ども。

今日はGMAT受験のため有休使いました。
4時間もあるので午前休じゃダメなんですよね・・・。

というわけで、時間の有効活用のため別件を入れ込んでみました。
それがSI-UKの再登録処理。
ずっと昔に登録していたものの全然使わなかったSI-UK(ココ参照)。
ですが、Edinburghの個別面談をやるって情報が載ってるじゃありませんか!
これはコネを作っておかなきゃ・・・。

まぁ、そんなこんなで行ってきたSI-UKですが・・・意外と良かったです。
やっぱりUK専門だけあって情報は持ってますね。
といっても、それを積極的に出さないので引き出す必要がありますが。
というわけでして、その引き出した情報をメモっておくべし!
  • 個別面談ってどうよ?
    個別面談は試験じゃないので、これで落としたりはしない。
    逆にコネを作る場でもあるので積極的に参加しましょうとのこと。
    質問だってさほど気にしたものじゃなくて、普通のでOKみたい。
    ex) ケースとレクチャーの割合とかどうですか...etc
  • 条件付合格ってどうよ?
    英語力が足りない場合に大学側が出してくるやつ。
    条件付の場合はだいたいPre-Sessionに参加してテスト受ける。
    このテストはIELTSより簡単かつ真面目に受けてれば落ちない。
    少なくとも落ちた生徒さんはほぼほぼいないとのこと(通訳専攻除く)。
    ただしPre-Sessionと本コースの間でVISAの延長が必須となってしまう。
    これが5万~10万くらいかかるので要注意。
  • GMATの要求がMAYってどうよ?
    これはケースバイケースとのことでした。
    5年目だとギリでOKかもしれない・・・という回答。
    EdinburghはMAYなのでCV作って、個別面談とかで聞くべしとのこと。
    ちなみに今年のEdinburgh MBAに行った人はGMAT不要だったらしい。
  • 出願書類
    書類作成に関しては始めましょうとのことでした。
    やはり全てが揃わずとも出せるのでっていうのが理由でした。
というわけで、かなり有益な情報が得られました。
これをもとに考えると・・・以下のような感じ?
  • Edinburgh大事に
    かなりフレキシブルだし、今のまま頑張っていけば結果がついてきそう。
    とりあえず、CV持ってガシガシ攻めていこうかと思います。
    エッセイも推薦状も少なめなんで、ここは大事にしておきたいスクール。
  • IELTS < GMAT
    IELTSは最悪条件付で倒せる可能性もある。
    が、GMATに関しては言い訳がきかない(少なくとも今の点数じゃ・・・)。
    よって、引き続きGMATは続けるべし。
  • 条件付もアリ
    もともとPre-Sessionは通う予定でした。
    なので、条件付で受かったとしても恐れず行っちゃいましょう!
というわけで、SI-UKなかなか良かったです。
GMATで凹んだ思いもちょっと回復されました。

さぁ、明日からまた地道に勉強しよう!
では。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    関西でMBA目指してるものです。
    まだカウンセラーなどなど決めてないのであれあれば、GMAT含め濱口塾お勧めですよ!
    是非ご検討を。

    返信削除
  2. >Fさん
    浜口塾いいですよね!
    関東なんで・・・ですが。

    こういうTotalサポートサービスはないのかな・・・関東は。

    返信削除