2010年7月23日金曜日

履歴書作成完了

どーも。

そういえば履歴書完成してました。
当初は色々あったけど、最終的には大満足。

けど、やっぱ履歴書作成の手間は見過ごせないな。。。
というわけで、作成途中に気づいた点など再度まとめてみる。
  • 誤記に気をつけよう
    • おきた問題
      履歴書作成に関しては仕事終わりの深夜にやることが多かったです。
      そんな状況で作成すると製品名を間違えたり、住所すら間違えたり・・・。
      しかも厄介なことに、製品名の間違いとか自分しかわからない。。。
      実際、ボクの場合は最終版手前で間違いに気づきました。
    • どう対策したか
      作成後に1日寝かせてから自己レビューするようにしました。
      そうすると以外と冷静にレビューできて誤記も最終的になくなりました。
  • 英語表現の難しさ
    • おきた問題
      基本的に履歴書は自分で書いてエージェントのチェックが入る流れ。
      もちろん、その際には必ずNativeチェックも入れてもらいました。
      が、Nativeにこちらの意図した内容が伝わらないことって多々あります。
      業界用語だったりなんだりは特にね。。。
    • どう対策したか
      エージェントから返ってきた履歴書をレビューして疑問を抽出。
      そしてそれを日本語でエージェントに質問するようにしました。
      うーん、やっぱ日本のエージェントにして正解だったかも。
      それと履歴書がFix版まで添削無制限てのもプラスに働きました。
  • 期間は余裕を持ちましょう
    • 作成期間
      結局、履歴書作成に1ヶ月程度かかりました(平日深夜週2くらいで)。
      ココ
      でも書いたように履歴書には具体的な内容が必要です。
      また、エッセイや推薦状のベースにもなりえるので慎重に。。。
    • どう対策したか
      エージェントの言うがままに早めに作成w
      履歴書はスクールに依存しないので早めに作成が正解っぽいですね。
  • 最終的には自己責任で
    • おきた問題
      一応はエージェントもプロですが、やっぱりミスはあるのです。
      例えば語句の一貫性の無さとか、表現の曖昧さとか。
    • どう対策したか
      やっぱり最終的には自己責任。
      しっかりと自分でレビューして、疑問点や誤記を抽出。
      そしてエージェントとのギャップを埋めることが重要かと。
といった感じでしょうか。

個人的にはやはり業者さんを使うメリットは大きいと感じています。
たとえばWordでの整形だったり、内容の精査だったり・・・自分では無理っす。
いや、無理ではないかもしれないけど時間的コストを考えると・・・ね。

というわけで、履歴書作成終了ー。
引き続き推薦状へ突入ー。
まずは自分で推薦状の下調べをして、フォーマットなどなどの違いを洗い出すか。
8月中くらいに終わらなきゃかなー。

大変になってきたけど頑張ろう!
では。

0 件のコメント:

コメントを投稿