2010年5月29日土曜日

出願校を再度選定(2010/05時点編)

どーも。

IELTSやGMATのヤバさに気づき弱気になる今日この頃。
そうするとやっぱ掲げた目標も下げたくなってしまう。。。

でも、本当にそれでいいの?
自分が行きたいスクールって何だろう・・・?
そんなのを今週はずっと考えていました。
その結果をメモっておきたいと思います。

まず、自分がスクール選びに対して重視している項目。
  • 実践的なプログラム
    つらいけど色々な人達と議論してひとつの結論を持っていく経験。
    そしてそこで学んだ経験を責任をもって実案件に適用してみる。
    これが自分の考えるMBA。
  • 英語環境
    やっぱり世界は英語でまわってる。
    今の純国産な自分に対して、世界で戦えるツール(英語)を学びたい。
  • そこそこな費用
    大学院まで自費で出ている自分としては既に借金持ち。
    超トップ校でも行かない限り、1000万オーバーの費用はムリ。
    それにアラサー的には自分勝手なMBA留学は自分で責任を持ちたい。
これをベースに再度選定したスクールが以下になります!
  • Lancaster
    やっぱり実践的なスクールで外す理由が見当たりません。
    GMATのAWAで4.5を要求していてツライけど、絶対がんばって受ける!
  • Warwick
    ここも実践的なスクールで、議論をバリバリします。
    これぞMBAって感じ。
  • Manchester
    ちょっと期間が長くて予算もオーバーだけど、IELTS6.5でOK!
    インターンとかもあるし、実は期間的にはこれくらいが望ましいと思ってる。
    まぁ、上の2つのスクールを狙うなら当然ココも受かるくらいにしなきゃ!
  • Edinburgh
    ここはスクールがしっかりとしたダイバシティーを確保してくれる。
    しかも、Internationalならさらに海外にもいけて、より多くの経験が出来る。
    それになんていっても、街並みがステキでちょっと惚れてます。
    MBAとしての経験を求めるのなら他校なんだろうけどね。。。
  • Strathclyde
    ここは地味なんだけど、GMATもいらないしIELTSは6.5でOK。
    つまり今の状態で出願可能。
    だからといって、質は低くなく、HSMPの権利もある戦略系スクール。
    ここを滑り止めにして上のスクールたちを狙う計画。
というわけで、ボクはやっぱりイギリスに行きたいです。
イギリスであれば上記スクールの入学前にPreMBAにいけますしね。
しっかりとした準備で自分の学びたいことが学べると思ってます。
よって、香港とスペインはセカンドオプションです。
  • 香港
    悪くないけど、やっぱダイバシティーの面では弱すぎる。
    半数は中国人だったりするし、ちょっと海外感がないなぁって思います。
    イギリスが全滅だったら考えますね。
  • スペイン
    行くとしたらESADEしかないですね。
    IEは13ヶ月しかなく、この期間で英語とスペイン語なんて絶対ムリ。
    やはり英語環境でしっかり学ぶべきと判断(IEの人のBlogより)。
    ただ、ESADEに関しては18ヶ月でも良いみたいなので考慮に入れます。
    お金も貸してくれそうだし。
といった感じです。

まぁ、その他ランクとか色々あるけど欧州を選んだ時点でそこは参考程度。
それよりも自分の気持ちに正直になってMBA受験をするつもりです。
あ、もちろんランクは低いより高いほうが良いですがw

それとエージェントとは4校と少ないので、自分で+3校くらい出願しようかな。
その選択肢としては色々チャレンジとか含め引き続き検討しようと思います。
でも、やっぱイギリスな方向で!

では。

/* ちなみにHECはなくなりました。
    TOEICでOKなんだけどフランスに強い思い入れがなかったです。
    ボクは何でも思いを重視しているので、それが無いと力がでません。
    よって受けません(明日のTOEICもサボって勉強することにしました)。
*/

0 件のコメント:

コメントを投稿