2010年2月28日日曜日

初めての履歴書作成(英語版)

どーも。

先週は仕事と勉強に加えて履歴書作成にチャレンジ。
正直、履歴書なんかは夏以降のお仕事だとずっと思っていました。
ですが、そこはエージェントさんに言わせると違うらしいです。。。
  • 作成できる書類は早めに
  • エッセイとのリンクもあるので早めに
  • 今の時期が暇なら早めに
・・・ですよね。
というわけで、エージェントさんを信頼して作成してみました。

履歴書というとアルバイトや就活なんかのテンプレがぱっと思い浮かびます。
けど、英語の履歴書はそれとは全く違う・・・。
以下、注意点を教えてもらったのでメモります。
  • 枚数
    1枚なら必ず目を通してくれますが、2枚だとめくる必要があります。
    このコストは見逃せないらしいです。
    なので、プロジェクト数が多い人は絞って書くべきだそうです。
    あ、プロジェクトいっぱい経験している私のことですか。。。
  • プロジェクト説明
    何のためのプロジェクトか簡単に説明する必要があります。
    だって、読み手は業界人ではないのだから。
  • チーム構成
    何人チームで仕事をしたなども重要なようです。
    また、多国籍軍で頑張ったのなら、そう書くべきだそうです。
  • 数値
    色々言葉で説明したとしても、やっぱ数値こそがクリア。
    なので、予算や売り上など何でもいいので数値化しましょう。
  • 経験
    経験の書き方ですが、同じ仕事ならまとめて書くべきだそうです。
    ポジションが変わって違う経験をしたなら、別途書きましょう。
    その際には繰り返しの記載になっていないか注意する必要ありです。
といったところですかね、ファーストドラフトのレビューとしては。
・・・独りで書こうとしていた自分がバカでした。
純ドメな私にはハードル高すぎ。。。

というわけで、2回目のレビューに向けて粛々と修正を入れたいと思います。
もちろん勉強も頑張りつつ・・・。

では。

0 件のコメント:

コメントを投稿