2010年1月23日土曜日

初めてのIELTS試験(ルール編)

ども。

今日は初めてのIELTS試験を受けてきました!
といっても、IELTS試験は2日にわたるので明日もあるんですけどね・・・。

今日の所は各項目の反省というよりも、IELTS試験自体の話を書いてみようかと。
うん、かなり驚きでいっぱいでしたよ、IELTS。
まずはそれを以下に記載します。
  • 持ち込み禁止が厳格すぎる・・・
    受験票には確かに持ち込み禁止の記載があったけど、これが超厳格。
    ティッシュや鍵、財布などの貴重品もNG。
    一応荷物置き場に鍵をかけるみたいだけど、やっぱ心配だよね。
    次回は軽装で行こうと心に誓ったしだいで。
  • 試験票の番号は暗記が必要
    上記のとおり、持ち込み禁止は厳格です。
    そして試験票が何故か持ち込み可になってない!
    というわけで、荷物置き場~受付~席に行くまでは暗記が必要。
    まぁ、席に行けばちゃんと試験番号があるので安心といえば安心。
    でも、ボクは途中で度忘れして2回受付をしましたとさ・・・。
  • 試験の説明が英語
    まぁ、英語の試験だし、受けてる人もいろんな人種の人がいたし。
    インド系、中国系、韓国系、東南アジア系、ヨーロッパ系...etc
    まぁ、ゆっくり英語で話してくれるから問題ねぇっす。
  • 試験官のヘルプ
    試験中は何かと試験官がヘルプしてくれます。
    ティッシュはボックスティッシュを持って試験官が配布してくれますw
    それと鉛筆も芯を使っちゃうと削ってくれます。
    親切ー。
    だけど、集中力が途切れかけるー。。。
  • 時間管理
    模試でやっているのと同じタイミングで試験官が教えてくれます。
    でも、やっぱり時間が無かったけど・・・。
    あ、あと腕時計の持ち込みは良いみたいですね、何故か。
    洋服と同じ扱いか?
    ちなみにボクは荷物置き場に置きっぱにしたけど、運良く時計が近くに!
    次回以降はちゃんと時計を身につけていこうと思います・・・。
といった感じでしょうか。
これ以外の一般的な話としては試験開始の早さやトイレ不足といったお決まりの話。
まぁ、初めてにしてはある程度落ち着いて望めたかなぁと思ってます。
試験結果は別として・・・。

さて、それでは明日に備えて 英会話のレッスンでもしましょうかね。

では。

0 件のコメント:

コメントを投稿