2009年7月31日金曜日

MBA@ドイツの費用(ざっくり編)

どーも。

ではでは、引き続きドイツでの費用を検討してみたいと思います。
今のとこドイツは2校ほど頭の中にあって、それをベースに書いていきます。
なので、ちょっと一般的ではないかも・・・。
でも、せっかくなので書いていきますw

というわけで、以下がざっくりとした費用です。
  • 学費: 27,000 or 38,000ユーロ
    12ヶ月 or 20ヶ月制のところで変わってきます
    高いほうは1年制だけど、研修旅行やらメシ代やらが入ってます(でも高い・・・)
  • 生活費: 月800ユーロ × 12 or 20 = 10,000 or 16,000ユーロ
    まぁ、期間に応じてですね
期間によるけど、ざっくりいって45,000~50,000ユーロかな。
日本円で650万程度か。

あれ?あのポン様のイギリスより高いじゃんっ!
といっても、ユーロはポンドほどレートが乱高下しなくて安定してる。
どっちもどっちか・・・。

てわけで、意外とドイツもコストがかかることが判明。
非英語圏というリスクもあって微妙か?
でも、ユニークな留学経験として他者との差別化がはかれるかも?

まぁ、とりあえずは受かるだけの実力が必要ってことは同じだね。
頑張るしかねー。

ではでは。

2009年7月30日木曜日

MBA@イギリスの費用(ざっくり編)

どーも。

さて、今日はこのまえ調べたMBA費用を書いてみようかと思います。

私費留学なギャンブラーにとっては、やっぱり費用は重要。
おまけに乱高下の激しいポンドな国ですから、しっかりとした計画が必要。
ここがきちんとクリアになると、やっぱ勉強への集中度も違うはず。

てわけで、以下が今のとこかかりそうな費用です。
  • 学費: £20,000
    私費なんで中堅どころで安めだとこれくらい
    といっても、年々学費は上がってるのがちょっと心配・・・
  • 生活費: £13,000
    £1,000/moth程度かかるとみればOK
    もちろん都会に住めばもっとかかる・・・
  • プレスクール(生活費込み) : £2,500
    イギリスはしっかりとしたプレスクールがあるので行ってみたい
    費用面も考えて1ヶ月くらいかなー
うーん、Totalで£35,000程度。
160円程度の為替で考えると、560万くらいかな。
もちろん、これに加えて日本での出願費用などの諸費もかかる。
600万は確実にオーバーだな。

あっ、ちなみに、私費なんで中堅の田舎校を想定してのお値段です。
それと為替レートも安い時のを想定してます。
てことで、きちー。

でも、円高やら独身やら1年制やらで普通の半額くらい。
ローンが組めて節約しまくれば届く範囲(今のとこ)。
賢く貯めて頑張るしかないなっ!

というわけで、イギリスざっくり編は以上です。
次はドイツ編いってみようかなーw

では、また。

2009年7月26日日曜日

個人コンサルティング(ビジネスパラダイム編)

ども。

先日、ビジネスパラダイムの個人コンサルティングを受けてきました。
ここは欧州向け留学のサポート会社としてはかなり有名のようです。

今回の料金は1時間7千円。
あまり金銭的に余裕が無いので、ちょっと(無料のとこ多いし・・・)と思いましたが、
受けてみると・・・・これなら安い!といえますね。

以下にそう感じたポイントをあげてみます。
  • 欧州向け専門
    US向けは結構あると思いますが、欧州向けってありませんよね?
    ここは専門だしロンドンオフィスも持っているので、情報が新しいです
  • 実績
    ここのサイトを見てもわかりますが、相応のスクールにバシバシいれています
    というわけで、実際の出願者の準備内容とかレベルを把握しています
  • 有料
    どちらかというと個人的な理由ですが、有料だと真剣度が違いますw
    今回は事前に質問・自分にあうスクールを探してもらいました
    無料とはやっぱり違いますね!(経験談)
というわけで、ここはオススメです。
できれば、志望校選びあたりで面談を受ける良いかなーと思います。
受験にはGoal目指して突っ走る必要があると思っていますが、
それにはまずはStart地点をクリアにする必要がありますからね。

まずは良くも悪くも自分の先入観やイメージをよりクリアにしましょうってことで。

ちなみにボクは結構うーんていう感じになりました。
まぁ、それを踏まえて明日から(えっ?)IELTS頑張りますw

では、また。

2009年7月23日木曜日

IELTSの勉強

ども。

サブタイトル通り欧州MBAを目指しています。
メインはイギリスを考えていて、サブでドイツあたりも。
ここら辺は検討資料を作成しているので、別途紹介ですかね。

で、今回はIELTSについて。
IELTSはイギリス圏向けの英語試験。
いわゆるTOEFL的なものですねー。
イギリスの大学院ではTOEFLよりもIELTS重視の場合もありますし、
難易度自体もTOEFLより低いらしいです(業者談)。

とりあえず、イギリスあたりならばIELTSを受けとけば無難。

というわけで、早速Amazonなどでチェック。
洋書のテキストがいいらしいけど、まずは日本語ということで以下をチョイス。












これを数回繰り返したら洋書に進みたいと思います。
できるのかー。

では。

2009年7月21日火曜日

プロフィール

とりあえず、ざっくりとプロフィールを書いてみようかと思います。

学歴: 某ダメ私立院卒
  • 専攻は"一応"情報系でした
  • 就活ばっかやってて研究が疎かだったのは内緒です
職業: 携帯電話の中の人
  • コード書くのはさほど上手ではなく、設計力もまだまだな社会人4年生
  • でも、色々と裏から業界が見えて面白い仕事だと思ったりもしています
語学経験
  • 仕事で数ヶ月、プライベートで数週間の海外経験あり
  • といっても、両方とも非英語圏なのは秘密です
MBAのきっかけ
  • もともと海外志向が強かった(仕事もそんな観点で選んでました)
  • 数年働いて見えてきた自社や業界の今後や問題点をクリアにしてみたくなった
  • 業界自体がグローバル化が激しく、海外で渡り合える力も必要と感じた
  • ざっくりとMBAの調査をしたところ頑張り次第で何とかなりそうな気がした
その他
  • TOEICはやっとこ750点
  • GPAは3.2くらいだった気がします

といったところ。

普通ですよね・・・。
だ、大丈夫かー。

でも、意思あれば道ありって感じで頑張ってみます。

では!

2009年7月20日月曜日

お初です

はじめまして。
junと申します。

このBlogはタイトルどおりMBAを目指して留学するまでの日記です。
といっても、今のところ留学出来るか未知数ですが。。。

とにかく、チャレンジ重要。
その軌跡(奇跡になるのかも?)を少しでもシェアしたいと思って書いてみます。
誰かの役にたてて、自分の記録にもなればいいな!

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします。